〒542-0012

大阪市中央区谷町7丁目5−22

電 話:06−6762−2457

FAX:06−6762−5015

HP:http://www.nk-net.co.jp/minami/

E-mailminami@nk-net.co.jp



《 事業活動のご案内

平成30年度

前年度事業へ 》

○平成31年3月20日(水)

南税務署の担当官を講師として、消費税軽減税率制度説明会を開催しました。
 平成31年10月1日から消費税の軽減税率制度が実施されますが、事業者の方に知っておいていただきたいポイントについて説明がされました。

○平成31年3月19日(火)

南納税協会3階大会議室において、第30回公益社団法人南納税協会理事会を開催しました。
 当日は、南税務署署長 壷見晴彦様をはじめ税務署幹部の皆様をお招きし、理事及び監事の42名にて、平成31年度事業計画、収支予算案について審議の結果、満場一致で承認が得られました。

○平成31年2月20日(水)・3月1日(金)

確定申告期間中の2日間、合同申告会場(谷町四丁目会場)において、南納税協会並びに納税協力関係団体の役員による南納税協会PR活動を行いました。
 会場では、南納税協会の事業活動を紹介するブースを設け、機関紙『南の税たより』や活動案内のパンフレットを配布しながら、来所者に向けて積極的な広報を行いました。

○平成30年2月18日(月) 〜 3月13日(水)

平成30年分の確定申告相談会を延べ12日間に渡って開催し、会員・一般納税者合計210名の方にご利用頂きました。
 南納税協会会場では、会員であれば都合の良い日時に何度でも相談でき、税理士によるe−Taxの代理送信でスムーズ・安心な申告を行うことができるメリットがあり、期間中は、ホームページや新聞折込チラシ等で開催案内を見て来られた方も多数おられました。
 来所者からは、「2月〜3月にかけて開催日がたくさんあり、好きな時に何度でも相談できるのが嬉しい。」「税理士先生がとても親切に相談にのってくださり、不安な所も解消できて、無事申告が終わって良かったです。」等の意見を頂きました。

○平成31年2月21日(木)

南納税協会において、特定社会保険労務士の辻真吾氏を講師にお迎えし、働き方改革実務対応セミナーを開催しました。
 当日は27名が出席し、働き方改革関連法案交付に伴い年次有給休暇の付与義務、労働時間の上限規制、非正規雇用の均衡均等待遇に対する対応が必要になること等について説明を受けました。
 「有給休暇の取得義務について聞けて良かったです。」「最近の判例も話題にして頂き、大変分かりやすく勉強になりました。」等の意見を頂きました。

○平成31年2月13日(水)

新設法人説明会に引き続き、南税務署の担当官を講師として、消費税軽減税率制度説明会を開催しました。
 平成31年10月1日から消費税の軽減税率制度が実施されますが、事業者の方に知っておいていただきたいポイントについて説明がされました。

○平成31年2月13日(水)

南納税協会において、南税務署の担当官を講師として新設法人説明会を開催しました。当日は13名が参加し、法人税を中心に消費税、源泉所得税、印紙税、消費税軽減税率制度含む説明を受けました。
 非常に役に立ったという意見を沢山いただきました。

○平成31年2月8日(金)

南あすなろ会で、今回は大阪企業家ミュージアムの研修見学会を行いました。
大阪を舞台に活躍した企業家約10人の志や創意工夫といった企業家精神やそのルーツなどの説明を受けました。また、企業家の名言・座右の銘についても理解を深めることが出来ました。
 その後意見交換会へと移り、お互いの近況報告が活発に行われ、和やかな雰囲気の中親睦を深め有意義な時間となりました。

○平成31年2月7日(木)・2月14日(木)

南納税協会において、税理士の松尾剣吾氏を講師にお迎えし、消費税実務セミナー実践編T・Uを実施しました。
 当日は、一般の方を含め16名が出席し、消費税の準備業務や、日常業務における勘定科目別の可否判定等など具体的な事例を織り交ぜながら、申告書作成業務について解説を受け、実際に消費税(一般・簡易課税)申告書の書き方を学びました。
 参加者から「消費税の実務をするうえで申告書の記入方法など役に立ちました。テキストも分かりやすく今後も参考にしたい。」「実際に申告書を作成して、聞いているだけの研修とは違い今後に役立つ研修でした。」などのご意見を頂きました。

○平成31年2月6日(水)

南納税協会会議室において、税理士の清原裕平氏を講師にお迎えし、法人税実務研修Wを開催しました。本年で4年目となる人気シリーズの第4回目は、受取配当金とグループ法人税制について解説を受けました。
 当日は18名の出席を頂き、レジュメのほか、小冊子「会社税務のてびき」を用いて実務に役立つ相談事例を交えながら丁寧に説明頂きました。
 「事例が参考になった」「少し難しい分野だったけれども勉強になった。」等の意見を頂きました。法人税実務研修は、いつもながら参加者に実りの多い研修会となりました。

○平成31年2月6日(水)

法人税実務研修Wに引き続き、南税務署の担当官を講師として、消費税軽減税率制度説明会を開催しました。
 平成31年10月1日から消費税の軽減税率制度が実施されますが、事業者の方に知っておいていただきたいポイントについて説明がされました。

○平成31年2月5日(火)

南納税協会において、マナー講師として広く全国で活躍されている要多喜代氏をお迎えし、訪問時における作法を学ぶマナー教室を実施しました。
 当日は、幅広い年齢層から男女計26名出席のもと、名刺の受け渡しや手土産の渡し方、お茶の出し方や風呂敷の包み方など、ワンランク上の気品ある作法について実演を交えながら学びました。
 参加者からは、「日頃不安を抱えながら行っていた所作について、丁寧にわかりやすく教えて頂けました。これからは自信をもって臨んでいきたいです。」「質問にも気さくに親身に答えて下さり、とても楽しく受講させて頂きました。」等の感想があがりました。
 また、研修後には、講師を囲んでお食事会を開催し、テーブルマナーや箸袋についてのお話も伺いながら、和やかな時間を過ごしました。

○平成31年2月4日(月)

ヴィアーレ大阪において、南・西・生野・東納税協会青年部会合同講演会が行われました。講師に元男子バレーボール日本代表監督植田辰哉氏をお迎えし、「あきらめたら終わりだ!あきらめなければ終わらない!!」と題し講演を頂きました。
 当日、各協会の青年部会員等117名が出席する中、日本代表を16年ぶりにオリンピックへと導いた監督として、熱血指導の一方で、目標を達成するための緻密な計画もたてるなど、コーチング理論に裏打ちされた卓越した組織マネジメント力を発揮された経験談を熱く語って頂きました。
 講演終了後は意見交換会となり、4協会の垣根を超えた異業種交流の場としてお互いの親睦を深める中、大いに盛り上がり、盛会裏にお開きとなりました。

○平成31年2月3日(日)

なんばグランド花月において、大阪を代表するお笑いの元祖よしもとを観賞しました。
 当日は大勢の方が参加し、テレビでおなじみの大御所から若手芸人までが出演するなか、タップリ大阪のお笑いを堪能しました。
 「笑う事で一年健康に過ごせそうな気がします。」、「思いっきり笑い楽しい時間を過ごせました。」、「生の劇場で観る漫才はテレビでは感じられない臨場感があって楽しかった」等の感想を頂きました。

○平成31年2月1日(金)

大阪府社会福祉会館において、大阪南納税貯蓄組合連合会と南納税協会個人申告部会による役員合同会議を開催しました。
 当日は、平成30年分の確定申告における留意事項の説明と、南納税協会の事業活性化や加入拡大などについて協議しました。

○平成31年1月25日(金)

南納税協会会議室において、人材開発コンサルタントのハートリンク代表 阿部紀子氏を講師にお迎えし、「働き方改革を支える 事務担当者のための時短&改善活動」セミナーを開催しました。事務時短や無駄削減を実現するために、残業体質からの脱却、事務担当者として有効なスキルをチェックリストなどで、グループディスカッションを交えながら学びました。
 参加者からは「聞くだけではなく、色々なゲーム(ワーク)を通じて仕事の事務効率化を学べました。」「コミュニケーション能力を高める事は、大事なことだと実感しました。」等の意見があがり、有意義かつ楽しいセミナーとなりました。

○平成31年1月24日(木)

南納税協会会議室において、アクト経営会計事務所所長の中嶋崇氏を講師にお迎えし、経理の知識アドバンス編セミナーを開催しました。
 当日は18名が出席し、財務面からの経営管理・分析、管理会計について、また財務面からの投資判断について説明を受けました。
 「難しい内容だったが、分かりやすく面白かった。次は損益分岐点についても聞きたい。」「ケーススタディーで手を動かすことで理解しやすく、大変勉強になりました。」等の意見を頂きました。

○平成31年1月22日(火)

大阪府社会福祉会館において、南税務署の担当官を講師として、決算期別説明会の開催に併せ、消費税軽減税率制度説明会(2回)を開催しました。
 消費税の軽減税率制度の説明会では、10月1日施行に向けて、事業者が知っておくべきポイントについて説明がありました。
 決算期別説明会(平成30年12月、平成31年1月、2月決算法人を対象)では、法人税申告書、消費税申告書の作成等に当たっての留意事項、源泉所得税の改正事項と納付書の記載、また印紙税について解説がありました。
 続く、2回目の消費税軽減税率制度説明会では、軽減税率制度の説明に加え、公認会計士より事業者支援措置(補助金等)についての説明も受けました。

○平成31年1月21日(月)

南納税協会会議室において、税理士の岡本武久氏を講師にお迎えし、資産税セミナーU「贈与税のしくみと申告」を開催しました。
講義では、贈与税の仕組みや申告・生前贈与の活用法等について、気を付けておくべきポイントを交えながら詳しく説明を受けました。参加者からは、「贈与、相続のキーワードを端的にお話頂き、大変わかりやすかったです。」「贈与税の基礎的な部分から、事例に基づいた調査等の話まで丁寧にお話し頂き、勉強になりました。」等の意見があがりました。

○平成31年1月20日(日)

国立文楽劇場において開催されている「初春文楽公演」の鑑賞会を実施し、会員20名参加のもと、「二人禿」「伽羅先代萩」「壺坂観音霊験記」の上演を楽しみました。 
 当日は、カレンダーや手ぬぐいなどの文楽グッズが当たる抽選会も行い、また、休憩時間には、四季折々の美味が敷き詰められた道頓堀今井のお弁当を味わいながら、参加者同士で交流を図るなど、充実した文化セミナーとなりました。

○平成31年1月18日(金)

ホテル日航大阪において、(第一部)吉本興業株式会社 代表取締役副社長 田中 宏幸氏による新春講演会「吉本興業106年の“今昔”」、(第二部)Jazz&pops歌手 溝端祐子さん・松尾瞳さんによるNew year Concertを公益社団法人南納税協会・大阪南納税貯蓄組合連合会・南調会・南優法会・南優青会の5団体合同で実施致しました。
 当日は、150名の方にご出席頂き、満員の会場で田中宏幸氏から106年を迎えた吉本興業鰍フ歴史や芸人のこぼれ話のほか、これからの吉本興業が目指す新しいエンタテイメントの世界などとても興味深いお話を頂きました。 
 続くNew year Concertでは、My Favorite Things、Tennessee Waltzなど誰もが知る有名な楽曲をピアノ、ベース、サックス、ドラムといった一流のミュージシャンをバックに、スインギーでポップな素晴らしい歌声と演奏に参加者一同が酔いしれました。32階スカイテラスの窓越しに映る美しい夜景も重なり、とても素敵な新年の一夜となりました。
 新春賀詞交歓会は、南税務署長 壷見晴彦様のご挨拶、大阪市中央区長 吉村浩様に乾杯のご発声を頂き、講師の田中宏幸氏を囲んで始終和やかな雰囲気で行われました。

○平成30年12月19日(水)

南調会の研修会が、稲畑産業株式会社会議室において行われ、南税務署副署長の山ア喜久男様を講師とし、「IT革命と税務調査 〜ロボット調査官がやってくる〜」と題しご講演を頂きました。
 過去に勤務されていた時の経験談で、将来、税務調査にもITが使われる時代が来るかもしれないなど、エピソードを交えた興味深いお話をして頂きました。そ の後、意見交換会では、ソムリエより世界の産地ごとのワインについての説明を頂きました。美味しいワインをいただきながら、一年の事業活動や会員各社の状況など、大いに語り合い、和やかな中にも大変有意義で実りある研修会となりました。

○平成30年12月13日(木)

事業計画書の作り方セミナーに引き続き、南税務署の担当官を講師として、消費税軽減税率制度説明会を開催しました。平成31年10月1日から消費税の軽減税率制度が実施されますが、事業者の方に知っておいていただきたいポイントについて説明がされました。

○平成30年12月13日(木)

南納税協会会議室において、中小企業診断士・税理士の中嶋崇氏を講師にお迎えし、事業計画書の作り方セミナーを開催しました。
 経験豊富な講師に、金融機関と連携した経営計画を策定するコツを解説頂きました。
 参加者からは「事業計画書の基本的な仕組みと制度や書き方が理解できました。」等の感想があがりました。

○平成30年12月12日(水)

南納税協会会議室において、税理士の清水康志氏を講師にお迎えし、「知ってはる?印紙税!セミナー」を開催しました。
 当日は、印紙税で一番疑問点の多い、“2号文書と7号文書の判断基準”をはじめ、契約に係る印紙など、実務に沿った内容を具体的な事例も交えながら明快にご説明頂きました。
 参加者からは「2号・7号文書の違いについて理解を深めることができました。」「実例を用いて講義して頂き、大変わかりやすかったです。」等の意見があがりました。

○平成30年12月11日(火)

南納税協会会議室において、南あすなろ会研修会を開催しました。株式会社SANNET代表取締役 香西拓也様をお迎えし、「コーチングによる好ましい職場環境作り」と題しご講演を頂きました。
 コーチングとは、自ら考え、自ら行動し、自ら気付き、最終的に主体性を養うことになることをお話頂きました。
 また部下との信頼関係を作るには相手に好奇心を持ち、感情、心の内側を見ることが大切だと言う事を学びました。
引き続き南税務署法人第1統括官木村様より消費税軽減税率制度の説明を頂きました。
 その後、昼食をはさみ、意見交換会へと移り、お互いの近況報告などが活発に行われ、和やかな雰囲気の中、大いに情報交換が行なわれました。

○平成30年12月6日(木)

南納税協会会議室において、税理士の松尾剣吾氏を講師にお迎えし、「法人税申告書別表4・5の仕組み」セミナーを開催しました。
 研修では、別表4と5の基本的な考え方、記載方法、その関連性についてわかり易く説明を受けました。
 参加者からは「実際に問題を解きながら説明いただいたので、理解しやすかったです。」「松尾先生のセミナーはとてもわかりやすくて、今回も参加できてよかったです。次回も楽しみにしています。」等の意見が出ました。

○平成30年12月4日(火)・5日(水)

大阪バイオメディカル専門学校において、青年部会員が講師を務める租税教室を実施しました。
 両日ともに、医療福祉心理学科の生徒さん30〜40名に対し、南税務署担当官の講義と租税教育用DVD放映後、約30分間に渡る講習を行いました。
 初日の4日は祖父江部会長(さつき株式会社)、5日は植田副部会長(株式会社玉屋)が登壇し、自社紹介と南納税協会・青年部会についての活動紹介に続いて、源泉徴収など社会人になったとき、どのような税と関わっていくのか、将来に向けてのレクチャーや税金クイズ等で学生達が興味深く学べるよう工夫を凝らしながら授業を進めました。特に、税金クイズでは、身近なテーマから知られざる外国の税金の種類など幅広い視点で出題し、人気の景品獲得を目指して教室は大いに盛り上がりました。
 また、受講後のアンケートでは、「税金の知識が増えたとともに、税金がいかに大切であるかが良くわかりました。」「どういった所に税金が使われているか、これから意識していこうと思いました。」「DVDや税金クイズで楽しく税について理解することができました。」等の様々な意見を頂きました。

○平成30年12月4日(火)

南納税協会において、阿部浩子氏を講師にお迎えし、「おもてなし研修」と題しご講演頂きました。
 受講者は、販売職、小売業界向け接客接遇の基本を学び、またロールプレイングを通じ実践力を高めました。先生の明るく活気あふれるお話しぶりに受講生は魅入られ、全員笑顔があふれ、おもてなしに対する意識も一気に上がりました。
 参加者からは「お客様と接するテクニックや心構えを再認識する良い機会になりとても勉強になりました」「ロールプレイング等、実践もあり「おもてなし」について楽しく受講することが出来ました。」等の意見をいただきました。

○平成30年11月29日(木)

南納税協会会議室において、南税務署と南納税協会の共催による記帳説明会(午前)と記帳指導
会(午後)を実施しました。
記帳説明会では、税理士の久馬範久氏から確定申告書作成に向けた記帳の仕方や青色申告等に   
ついてお話し頂きました。また、引き続き、南税務署担当官から軽減税率制度の説明も受けま
した。
午後からは記帳指導会を行い、税理士の藤本英美氏と松尾剣吾氏から、帳簿の付け方や日頃の
記帳の疑問点についてマンツーマンで指導をして頂きました。

○平成30年11月28日(水)

南納税協会において、年末調整事務研修会が南税務署の担当官を講師として、午前29人、午後41人が参加し、開催されました。
  今回は、午前は初心者向け、午後は経験者向けと分けてそれぞれのスキルに合ったより分かりやすい解説をして頂きました。
法定調書作成要領、留意事項についての説明後、設例問題に取り組むなど参加者には実りの多い研修会となりました。

○平成30年11月27日(火)

南優青会が、たちばな道頓堀本店で役員会と懇親会を開催しました。役員会では、確定申告相談会や南納税協会との共催を含めた来年以降の行事等について協議しました。また、懇親会では、1年を振り返りながら、南優青会の今後に向けて有意義な意見交換を行いました。

○平成30年11月26日(月)

大阪市中央区民センターホールにおいて、年末調整説明会が南税務署他の担当官を講師として、多数の方にご参加頂いて開催しました。
 年末調整のしかた、法定調書作成要領のDVD上映の後、年末調整、法定調書等の留意事項についての説明会を実施いたしました。

○平成30年11月26日(月)

年末調整説明会に引き続き、南税務署の担当官を講師として、消費税軽減税率制度説明会を開催されました。平成31年10月1日から消費税の軽減税率制度が実施されますが、事業者の方に知っておいていただきたいポイントについてDVD上映がされました。

○平成30年11月21日(水)

納税協会連合会青年部会連絡協議会主催の第11回「青年の集い」和歌山大会が開催され、近畿2府4県の納税協会から総勢757名の青年部会員が集まりました。
第一部の大会式典に続き、租税教育活動の発表が地域ブロックごとに担当協会から行われた後、慶應義塾大学名誉教授の竹中平蔵氏から「世界の潮流と日本経済の課題 〜成長戦略と財政〜」と題して講演を頂きました。その後、意見交換会では、和歌山ならではの豪快な「マグロの解体ショー」も催され、会場は大いに盛り上がりました
 また、当日は、南納税協会青年部会と南あすなろ会が現地和歌山で合同研修会を併せて行い、新入会員を含む11名の参加者が親睦を深めながら日頃の事業活動等について語り合い、充実したひとときを過ごしました。

○平成30年11月19日(月)

アークホテル大阪心斎橋において、南税務署・南納税協会・大阪南納税貯蓄組合連合会の三者共催による平成30年度納税表彰式を挙行しました。
 当日は、多数ご来賓のご臨席を仰ぐ中、永年に渡り納税道義の高揚や税務行政の運営にご協力を頂いた方々が表彰並びに感謝状を受けられました。
 また、表彰式に続いて、中学生の「税についての作文」で大阪市財政局なんば市税事務所長賞を受賞された上町中学校3年生の生徒さんがご自身の作品を披露されました。

○平成30年11月16日(金)

税を考える週間の行事として、青年部会と南税務署幹部による座談会を開催しました。当日は、「消費税軽減税率の導入時における問題点」や「特例事業承継税制の概要」、「民法改正による相続税への影響」など、税に関する5つのテーマについて時間の許す限りじっくりと意見交換を行いました。
その後引き続き、青年部会の最重要事業の1つである「租税教室」に向けた講師研修を署の担当官を講師として行い、DVDや1億円の見本も教材の参考に用いながら今後の租税教室実施に備えました。

○平成30年11月15日(木)

南納税協会会議室において、法人部会主催の秋季税務研修会&意見交換会を開催しました。
 講師に南税務署幹部の方をお迎えし、法人会員を対象にお話を頂きました。
  消費税軽減税率制度の話や、ICTいわゆるPCだけでなくスマートフォンなど、様々な形状のコンピュータを使った情報処理や通信技術を導入している会社の実際経験された普段聞く事の出来ない税務調査の話や、また自主点検チェックシートの活用例など、興味深い内容をお話頂きました。
 クイズ形式のゲームをはさんだ和やかな中での研修会に、参加者からは、次回も是非参加したいので、このような法人向けの研修会は今後も続けてほしいという意見が上がりました。
 研修会終了後には、終始和やかな中にも活発に会員同士が交流を深め楽しいひと時を過ごしました。

○平成30年11月13日(火)

南納税協会 3F大会議室において、税理士の瀧野和俊氏を講師にお迎えし、「消費税実務セミナーU」を開催しました。消費税の課税標準、控除税額の計算、申告納付、届出等について簡単な図や事例を交えながら消費税の概要を学びました。当日は、32名が参加し、参加者からは「消費税のいろはを学ぶことができて満足です。」「すごくわかりやすく丁寧なセミナーでした。実例も交えて解説して頂いたので、すっと入ってきました。」等の感想が上がりました。

○平成30年11月13日(火)

消費税実務セミナーUに引き続き、南税務署の担当官を講師として、消費税軽減税率制度説明会を開催しました。平成31年10月1日から消費税の軽減税率制度が実施されますが、事業者の方に知っておいていただきたいポイントについて説明がありました。

○平成30年11月9日(金)

南納税協会会議室において、日本人財研究所の五十棲恵子氏を講師にお迎えし「女性のための魅力アップセミナー」を開催しました。
 研修では、「SPカード」という52枚の専用カードを用いて自分の内面を発見し、社内での良好なコミュニケーションに向けた他者との関わり方等について学びました。参加者からは「自分の知らない内面を知る良い機会となりました。今後に役立てていきたいです。」等の意見が出ました。

○平成30年11月8日(木)

大阪府社会福祉会館において、大阪芸術大学短期大学部 教授の松井桂三氏を講師にお迎えし、「企業デザインとブランド戦略」と題し、ご講演頂きました。
 過去の作品を通し、企業におけるデザイン、ブランドの意義やどこにもないもの、驚くもの、また昔からの伝統を生かしつつ今につなげて作品を作っていくことなどをお話頂きました。
 「先生の様々な作品が見ることができ、今まで知らなかった分野の話を聞けて参考になった。」「世界で活躍される先生の話を聞くことができて良かった。今日の話を今後の仕事に活かしていきたい。」等の感想を頂きました。

○平成30年11月8日(木)

大阪府社会福祉会館において、一般社団法人日本管理会計教育協会代表理事の櫻井道裕氏を講師にお迎えし、「現場が自ら考えて活き活きと働き出す、見える化と業績評価の成功例」と題しご講演頂きました。
 企業における生産性を向上させるためにどのような事をすればいいのか、また、具体的に例をあげながら、生産性向上の鍵は、情報の共有化に基づく巻き込み力にあると言う事を丁寧に説明頂きました。「変化対応型業績管理は新しい話で参考になった。」「今日の話は大変共感でき、日常業務に活かしたい。」等の感想をいただきました。

○平成30年11月7日(水)・14日(水)

南納税協会会議室において、テレビ・ラジオ等でも幅広く活躍中のフリーアナウンサー 沢田尚子氏を講師にお迎えし、「センスアップトークセミナー」を開催しました。
 第1回目の7日は、1分間の自己紹介に続いて滑舌の練習・上手なコミュニケーションをとるための話し方や気を付けたいことなどを講師の経験談も交えながら学び、第2回目の14日では、正しい敬語の使い方とグループ対抗連想ワードゲーム、童謡に言葉を乗せた発声練習等を行い、的確な言葉の伝え方を楽しみながら覚えました。
 経験豊かな講師の2日間に渡る熱く笑い溢れる授業の最後には、参加者全員が人前で堂々と自信をもってスピーチを行えるようになり、「仕事・日常生活に役立つ会話のヒントやアドバイスをたくさん頂けて嬉しかったです。」「発声練習や敬語の使い方、相手に伝わる話し方の練習がゲーム形式で楽しく学べた内容の濃い2日間でした。」などの感想があがりました。

○平成30年11月6日(火)

青年部会と南あすなろ会が、茨木国際ゴルフ倶楽部で合同ゴルフコンペを開催しました。当日は、新入会員を含む17名がプレーを楽しむとともに、懇親会で親睦を深めながら、日頃の事業活動等について意見交換を行いました。

○平成30年11月6日(火)

南納税協会 3F大会議室において、税理士の瀧野和俊氏を講師にお迎えし、「消費税実務セミナーT」を開催しました。消費税の仕組、課税対象、非課税取引、納税義務者について簡単な図や事例を交えながら消費税の概要を学びました。当日は、32名が参加し、参加者からは「消費税の課税の仕組みについて体系的に学ぶことができ実務に役立てたい。」などの意見が上がり、大変有意義な研修会となりました。

○平成30年11月6日(火)

消費税実務セミナーTに引き続き、南税務署の担当官を講師として、消費税軽減税率制度説明会を開催しました。平成31年10月1日から消費税の軽減税率制度が実施されますが、事業者の方に知っておいていただきたいポイントについて説明がありました。

○平成30年10月2日(火)〜平成30年11月6日(火)

南納税協会 3F大会議室において、「MINAMI DE 英会話」教室を開催いたしました。講師に米国在住期間中、ハーバード大学などで勤務されていた石田厚子氏をお迎えし、アットホームな雰囲気の中、楽しく英会話を学びました。
 6日間開催し、延べ72名が参加し、「とても分かりやすく楽しく学ばせて頂きました。第2弾があれば是非参加したいと思います。」「テキストに音声のダウンロードがついていたのがとても良かったです。」等の感想を頂きました。

○平成30年10月26日(金)

南納税協会会議室において、税理士の松尾剣吾氏を講師にお迎えし、「調査事例からみた税務調査のポイントと対応策」セミナーを開催しました。
 研修では、税務判断のポイントや準備書類等について具体的に学ぶとともに、税務調査の狙い・流れ・最近の傾向についても説明を受けました。
 参加者からは「わかりやすく説明して頂き、調査について詳しく知ることができました。」「申告チェックリストを再確認する良い機会となりました。お聞きした内容を日々の仕訳業務に活かしていきたいと思います。」等の意見が出ました。

○平成30年10月24日(水)

大阪市中央区民センターホールにおいて、改正法人税法等説明会を大勢の方に参加頂いて開催しました。
 今回はパワーポイントと音声ガイドにより法人税法改正内容、消費税法改正内容等についての説明会を実施いたしました。
 引続き、納税者にとって、関心の高い消費税軽減税率制度についてもパワーポイントと音声ガイドによる説明がありました。
 続いて、中小企業診断士より事業者支援措置(補助金等)について説明を受けました。

○平成30年10月21日(日)

なにわの宮跡公園において開催された、『第30回中央区民まつり』に参加致しました。
 『税となかよしになろう!!』をメインテーマに税金クイズコーナーを来場者の方々に楽しんで頂きながら税について学んで頂きまし
た。
 公益社団法人南納税協会青年部会、大阪南納税貯蓄組合連合会の役員、南税務署職員から、税務広報パンフレットや納税協会のPRパンフレット等を配布しました。

○平成30年10月19日(金)

山本能楽堂において、能楽堂の見学・体験を実施しました。
 木造三階建ての建築物で、国登録有形文化財に登録されており、その能楽堂を能楽師のガイドにより見学しました。
 能鑑賞、謡の練習、すり足体験、能装束着付け、舞台裏の見学等、普段経験することの出来ない内容に、参加者から、「大変興味深かった。能装束着付けをしてもらい感動した。」等の感想を頂きました。

○平成30年10月16日(火)

南納税協会会議室において、販促&クチコミ・リピート集客の専門家、レフズの太田順孝氏を講師にお迎えし「名刺・チラシ・パンフレット勉強会」を開催しました。
講師からは、“プロがその場で添削・アドバイス ⇒即、問題解決!”をモットーに、参加者が持参した名刺や作成中のチラシ等について、どの部分をどのように変えれば相手により伝わるか、コミュニケーションツールを最大限に生かすための秘法をお話頂きました。
 参加者からは、「個別に悩みを解決して頂けて良かった。説明もわかりやすかったです。」等の感想があがりました。

○平成30年10月13日(土)

「なにわリバークルーズ」の開催と併せて、道頓堀川を臨む湊町船着場・湊町リバープレイス近辺で、南納税協会の加入拡大PR活動を行いました。
 当日は、ハロウィンイベントが行われる土曜日ということもあり、街は活気にあふれ、多くの人で賑わっていました。行き交う人々に南納税協会の研修チラシやPRグッズをお渡しすると、事業活動について興味深く質問される方もおられるなど、当会を積極的にアピールできる良い機会となりました。

○平成30年10月13日(土)

南納税協会青年部会と南優青会主催による「なにわリバークルーズ 〜船に乗って街と税金を考えよう!〜」を開催しました。当日は爽やかな秋晴れのもと、小学生以下の子供9名を含む総勢35名がクルーズ船に乗り込み、木津川〜堂島川〜東横堀川〜道頓堀川を一周しました。
 船内では、井青年部会副部会長のあいさつに始まり、落語家の軽妙な語り口で大阪の名所案内や水門・道頓堀の橋・地下鉄にまつわる小噺などを聞きながら、普段とは一味違った船から眺める大阪の風景を満喫しました。
 また、青年部会員の青山敏子氏による『税金クイズショー』では、大阪の街や施設にちなんだ身近なテーマで子供も大人も楽しみながら税を学び、大いに盛り上がった笑顔溢れる一日となりました。

○平成30年10月12日(金)

南納税協会において、南税務署の担当官を講師として、決算期別説明会の開催に併せ、前後に消費税軽減税率制度説明会(2回)を開催しました。
 消費税の軽減税率制度の説明会では、来年10月1日施行に向けて、事業者が知っておくべきポイントについて説明がありました。
 決算期別説明会(平成30年度9月、10月、11月決算法人を対象)では、法人税申告書、消費税申告書の作成等に当たっての留意事項、源泉所得税の改正事項と納付書の記載、また印紙税について解説がありました。
 続く、2回目の消費税軽減税率制度説明会では、軽減税率制度の説明に加え、公認会計士より事業者支援措置(補助金等)について説明を受けました。

○平成30年10月5日(金)

南納税協会会議室において、税理士の清原裕平氏を講師にお迎えし、法人税実務研修Vを開催しました。本年で4年目となる人気シリーズの第3回目は、貸倒損失・貸倒引当金と欠損金について解説を受けました。
 当日は12名の出席を頂き、レジュメのほか、小冊子「会社税務のてびき」を用いて実務に役立つ相談事例を交えながら丁寧に説明頂きました。
 「事例を基にした解説で大変理解しやすかった。」「貸倒れ損失計上について実務で迷うことが多くあり、今回学んだ内容がとても参考になりました。」等の意見を頂きました。
 法人税実務研修は、いつもながら参加者に実りの多い研修会となりました。

○平成30年10月4日(木)、11日(木)、19日(金)

南納税協会において、アクト経営会計事務所所長の中嶋崇氏を講師にお迎えし、「法人税申告書作成セミナーT.U.V」を開催しました。
 講師の参加者目線に立った分かりやすい口調で、法人税の申告書の作成の流れを解説頂きました。
 「初心者にとって、とてもわかりやすかったです。」「法人税は難しいものと思っていましたが、身近に感じられました。」「今回のセミナー内容を今後の実務に活かしていきたいと思います。」等の意見を頂きました。

○平成30年10月1日(月)

なんば戎橋筋商店街において、南税務署、公益社団法人南納税協会、大阪南納税貯蓄組合連合会共催で、来賓に大阪国税局渡辺課税第二部長をお迎えし、壷見署長、井澤会長、大西納貯連会長出席のもと、来年10月から実施される消費税の軽減税率制度の周知活動を行いました。
 この日は、南税務署職員や南納税協会役員ら約30名で商店街を回り「軽減税率制度」をPRするチラシを配布し、店主らに制度の準備を呼び掛けた。商店街の中心にある「551蓬莱」や「大寅蒲鉾」は、税率8%、10%をお客様が混乱しないよう早めに準備し従業員の研修も進めたい」と話した。

○平成30年9月27日(木)

南納税協会 大会議室において、公益社団法人南納税協会 第29回理事会を開催しました。
 当日は、南税務署署長 壷見 晴彦 様をはじめ幹部の皆様をお招きし、理事及び監事の42名にて、10月から新年にかけて実施予定の各種事業に係る議案が審議され、原案どおり承認可決されました。

○平成30年8月21日(火)〜9月25日(火)

南納税協会において、税理士の久馬範久氏を講師にお迎えして、8月21日から9月25日までの間、簿記教室全8回を実施しました。
 会員・一般計25名の参加で、仕訳の仕方や決算処理・財務諸表など業務に活かせる簿記の知識を総合的に学びました。参加者からは、「先生の説明が分かりやすく、毎回楽しみに参加しました。」「実務に役立つお話も聞けて、大変参考になりました。」等の意見があがりました。

○平成30年9月21日(金)

ホテル日航大阪において、南調会の定時総会を開催しました。事業報告、事業計画等について審議の結果、全ての議案が承認可決されました。
 続いて、大阪国税局調査第一部長の佐藤哲也氏をお迎えし「税務行政の現状と課題」と題しご講演を頂きました。財政・税務行政の現状や大法人のe−Tax義務化、調査部の取組について具体的にお話頂きました。続いて消費税軽減税率制度の概要についても説明頂きました。  
 また、講演会終了後、賑やかに意見交換会が行われました。

○平成30年9月20日(木)

南税務署会議室において、大阪南納税貯蓄組合連合会青年部・女性部役員の協力の下に、「中学生の税についての作文審査会」を実施しました。
  本年は、南管内の中学3年生から82点の応募を頂き、その中から優秀作品を選考しました。

○平成30年9月14日(金)

他協会との合同で青年部会研修会(Jリーグ観戦会)をキンチョウスタジアムで実施しました。
当日は、南納税協会から7名が参加し、セレッソ大阪とジュビロ磐田の白熱した試合を応援しました。

○平成30年9月13日(木)

南納税協会において、法人部会役員全体会議を開催しました。
 法人部会の組織活性化を目的に、11月に税務署幹部を講師にお招きし、秋季税務研修会を開催す ること、また平成30年度における南納税協会の最重点課題である会員拡大について、役員全員に よる個別加入勧奨を積極的に取り組むことが確認されました。

○平成30年9月12日(水)

南納税協会 3F大会議室において、税理士の飯田真弓氏を講師にお迎えし、「税務署は見ている!!」と題し、税務調査セミナーを開催しました。
 元国税調査官ベストセラー作家が“突然、税務署がやってきたらどうするか?”“税務調査に入られにくい企業体質を構築するにはどうすればよいのか”などについて、体験談と簡単な絵を描くワークショップで分かり易く解説しました。
 参加者から、「税務署の対応、税理士の選び方がよくわかりました。」「税務調査の事だけかと思っていましたが、メンタルの講座も受講できたので二倍楽しかった。」などの意見が上りました。

○平成30年9月7日(金)

大成閣において、南優青会の総会を開催し、平成29年度事業報告・決算報告と平成30年度事業計画・予算案、任期満了に伴う役員改選について審議の後、いずれも満場一致で承認されました。 
 総会に続く講演会では、南税務署の石原個人課税第1統括官から「消費税の軽減税率制度について」と題して、来年10月から導入される制度の仕組みについて説明を受けました。その後、意見交換会を行い、会員同士の交流を深めながら、盛会裏に終了となりました。

○平成30年9月5日(水)

鳥よし本店において、青年部会と南あすなろ会の合同講演会を開催しました。当日は、新入会員を含む34名が出席する中、講師に南税務署の壷見署長をお迎えし、「次世代経営者への期待」と題して、企業の創設期から経営者の承継に到るサイクルや永続企業として成長を促すモデルについてグラフや映像を交え解説頂きました。また永続企業ならではの適正申告・納税の重要性についても熱くお話し頂きました。
 なお、講演後には、名刺交換会と意見交換会を行い、和やかに交流を深めました。

○平成30年8月29日(水)

プリンセスミナミWelcome partyを南船場「ローザ・ロッチェ」にて開催しました。当日は、18名の皆様にご出席を頂きました。
 初代住田会長挨拶に引き続き、山下副会長の乾杯の発声により和やかに開催致しました。美味しいイタリアンをいただきながら、自己紹介へと続き、各界で活躍されている先輩から、女性の活躍に向けて若い参加者へ熱いメッセージも送られるなど、温かい雰囲気の中、有意義な会合となりました。

○平成30年8月27日(月)

市田朝芳庵にて、茶道体験教室第2回を開催しました。講師に、一般財団法人不審菴表千家講師 西岡昌子氏をお招きし、茶道を通して日本文化や礼節を学びました。当日は、15名の会員が参加する中、茶室で、躙り口から茶室へ入室する仕方や、床の間の拝見の仕方を学びました。
 大変美味しいお菓子を頂き、参加者一人一人が先生の指導を頂いて点てた薄茶を堪能しました。

○平成30年8月27日(月)

南納税協会会議室において、税理士の清原裕平氏を講師にお迎えし、法人税実務研修Uを開催しました。本年で4年目となる人気シリーズの第2回目は、売上原価と圧縮記帳について解説を受けました。
 当日は22名の出席を頂き、レジュメのほか、小冊子「会社税務のてびき」を用いて実務に役立つ相談事例を交えながら丁寧に説明頂きました。「事例集での考え方が参考になった。」「いつも清原先生の講座は楽しいです。」「圧縮記帳について理解を深めたかったので、非常にわかりやすく、ためになりました。」等の意見を頂きました。
 法人税実務研修は、いつもながら参加者に実りの多い研修会となりました。

○平成30年8月24日(金)

ホテル日航大阪において、南優法会の第49回通常総会を開催しました。事業報告、事業計画等について審議の結果承認可決されました。
 総会に引き続き、以前は12月に役員の前で行われていた表敬披露会が昨年に続き総会後に出席会員全員の前で開催され、5社の方が会長より記念品を受け取られました。
 また、続いて、講演会を開催し、南税務署長の壷見晴彦様をお迎えし「永続企業の成長戦略と税務」と題しご講演頂きました。その後、意見交換会が和やかに行われました。

○平成30年8月22日(水)

南納税協会3F大会議室において、南納税協会副会長兼常任理事の服部正行を講師として、資産税セミナーT「新しい事業承継税制」を開催しました。
 平成30年度税制改正で、非常に利用しやすく、有利になった中小企業を支援する事業承継税制について、わかりやすく説明しました。
 「大事なポイントを教えて頂き、要点をつかむことができました。」「レジュメと小冊子の両方で詳しく教えて頂き、わかりやすかったです。」「実際に適用する場合、奥が深い部分もありそうですが、今回の研修で学んだことを活かしつつ対応していきたいです。」等の意見があがりました。

○平成30年8月8日(水)

市田朝芳庵にて、茶道体験教室第1回を開催しました。講師に、一般財団法人不審菴表千家講師 西岡昌子氏をお招きし、茶道を通して日本文化や礼節を学びました。当日は、15名の会員が参加致しました。株式会社市田朝芳庵の代表取締役社長 市田芳昭様から冒頭にご挨拶を頂きました。
 講師から床の間・茶器の拝見の仕方、お菓子・お茶の召し上がり方、お茶の点て方を楽しく解説頂き、実際に体験することもできました。大変美味しいお菓子を頂きながら、参加者一人一人が先生の指導を頂いて点てた薄茶を堪能しました。

○平成30年8月7日(火)

南納税協会において、弁護士の五島洋氏を講師にお迎えし、「労働トラブルセミナー」を開催しました。
 当日は20名が出席し、労働トラブルの対応策、抑えておくべきポイント、企業を守る視点からのノウハウについて明解な口調でお話頂きました。
 「大変役に立った。会社に帰ってすぐに対応したい。」「解説が大変分かりやすく、経営者目線で具体例も沢山あり問題点をよく理解できた。」「大変勉強になり、出来れば続編も是非お願いしたい。」等の感想を頂きました。

○平成30年8月4日(土)

第30回中央区盆踊り大会が瓦屋町グラウンドにて開催されました。会場内では、昼間の暑さがまだ残る中、お年寄りから子供たちまで輪になって盆踊りを楽しんでいました。
 会場入り口付近で、南納税協会が独自で作成したPRうちわを配布し、南納税協会の加入勧奨活動を行いました。

○平成30年8月3日(金)

公益社団法人 南納税協会・大阪南納税貯蓄組合連合会の合同講演会を大成閣にて開催しました。当日は、90名の役員が出席する中、南税務署署長の壷見晴彦様をお招きし、「タックス・コンプライアンス」と題したご講演をいただきました。
 引き続き、意見交換会では、南税務署副署長 亀山知資様のご挨拶、乾杯のご発声により和やかに開催致しました。また、南の税たより8月号に掲載されました「大阪の名産品(長崎堂)」の株式会社長崎堂 代表取締役社長 荒木貴史氏に自社のブランド戦略について語っていただきました。

○平成30年7月26日(木)

南納税協会会議室において、南税務署の担当官を講師として、消費税軽減税率制度説明会(2回)と決算期別説明会を開催しました。
 決算期別説明会の前後に、消費税軽減税率制度説明会を開催し、平成31年10月1日から施行される軽減税率の対象品目、請求書等、帳簿への記載事項等の説明がありました。施行が来年に迫っている時期でもあり、参加者は熱心にメモを取りながら聴き入っていました。
 決算期別説明会(平成30年度6月、7月、8月決算法人を対象)では、法人税申告書、消費税申告書の作成等に当たっての留意事項や源泉徴収事務、印紙税について説明がありました。

○平成30年7月24日(火)

南納税協会会議室において、中小企業診断士・税理士の中嶋崇氏を講師にお迎えし、SNS活用マーケティングセミナーを開催しました。
 まず、集客を増やして販売戦略を成功させるための「マーケティング理論」について基礎から説明を受けた後、成功事例も参考にしながら、新規顧客獲得やリピーター増につなげる効果的なSNS活用術を学びました。
 参加者からは「マーケティングについて理解できたとともに、これからSNSを始めるにあたり、戦略が大事であるということがよくわかりました。」等の感想があがりました。

○平成30年7月13日(金)

南納税協会会議室において、公認会計士・税理士の野邊義郎氏を講師にお迎えし、「決算書の見方セミナ-」を開催しました。当日は40名が出席し、損益計算書と貸借対照表の構造や見るべきポイントについて勉強しました。
 「経営指数や決算書から状況を見るお話は大変勉強になり、今後分析に役立てたいです。」、「流動比率と安全性についてとても説明が分かりやすく、大変為になりました。」等の感想を頂きました。

○平成30年7月6日(金)

南納税協会会議室において、税理士の清原裕平氏を講師にお迎えし、法人税実務研修Tを開催しました。本年で4年目となる人気シリーズの第1回目は、収益計上時期と交際費等について解説を受けました。
 当日は22名の出席を頂き、レジュメのほか、小冊子「会社税務のてびき」を用いて実務に役立つ相談事例を交えながら丁寧に説明頂きました。「説明がわかりやすく興味を持って聞くことができました。」、「基本に戻って教えて頂いて良かった。」等の意見を頂きました。
 法人税実務研修シリーズのスタートは、いつもながら参加者に実りの多い研修会となりました。

○平成30年7月4日(水)

南納税協会会議室において、アンガーマネジメントファシリテーター・特定社会保険労務士の辻真吾氏を講師にお迎えし、アンガーマネジメント研修を開催しました。
 “怒り”の感情に流されず、“怒り”と上手に付き合っていくにはどうすればよいか? 身近な例を参考に怒りのメカニズムについてわかりやすく説明頂くとともに、グループワークで実践しながら学びました。
 参加者からは「興味深く勉強させて頂きました。ぜひ今後に活かしていきたいです。」「怒りを通じて、自分の事を客観視できました。」等の意見が出ました。

○平成30年6月19日(火)

アークホテル大阪心斎橋において、法人部会役員全体会議が行われ、加入勧奨の結果報告等がありました。続いて福祉制度推進協議会の後、テレビ、ラジオなどで活躍されている日本一明るい経済新聞編集長 竹原信夫氏により「〜経済のゲンキを堀起こす〜 元気経営の“ヒミツ”はこれだ!」と題してご講演頂きました。
 会社、人が少しの工夫で元気になるにはどうしたらいいか、また当たり前ではなく問題意識を持つことで発想力が生まれるなど、経営者にとっても再認識させらせるお話を熱く語って頂きました。
 引続いて新規会員交流会が賑やかに行われ、東京から遠路駆けつけていただいた代表者の方をはじめ、大阪で活躍されている8社のバラエティ豊かな自社紹介で盛り上がり、和やかな中にも大変有意義な会となりました。新入会員の皆様、これからもよろしくお願いいたします。

○平成30年6月17日(日)

国立文楽劇場において、文楽鑑賞教室を実施し、20名を超える参加のもと、「二人三番叟」や文楽を代表する名作「絵本太功記」の上演を楽しみました。
 当日は、出演者が実演を交えて文楽の魅力を紹介する「解説」も行われ、初めての方も気軽に楽しんでいただける文楽入門の公演を存分に堪能して頂きました。
 また、受付では文楽の限定グッズが当たる抽選会も行い、文楽の魅力に触れる充実した鑑賞教室となりました。

○平成30年6月15日(金)

南納税協会会議室において、ビジネスマナー研修で好評を博している日本人財研究所の五十棲恵子氏を講師にお迎えし、「メンタルアップマネージャ2級講座」の研修会を開催しました。
 当日は17名が出席し、人間関係改善に必須のコミュニケーション、ストレスマネジメント、ハラスメントの生きたスキルが身につくワークショップ型研修で、人間関係構築のための使えるスキルを学習しました。
 「グループワークでとても楽しく研修に参加できた。」「人間関係の構築の仕方などとても勉強になりました。」等の感想を頂きました。初対面の参加者同士が打ち解け合い、とても楽しい研修となりました。

○平成30年6月13日(水)

ホテル日航大阪において、代議員・理事87名参加のもとに南納税協会総会、理事会及び女性部会設立記念講演会を開催しました。
 当日は、南税務署幹部の方々をはじめ多数の御来賓をお迎えし、平成29年度事業報告及び収支決算について審議し、いずれも承認を得ました。
 理事会では、会長、副会長、常任理事が選定され、新たに女性部会(プリンセスミナミ)が設立されました。また、会員の加入拡大及び福祉制度の充実に貢献された6名の方への感謝状贈呈式も併せて挙行しました。
 引き続き、新たに設立された女性部会(プリンセスミナミ)記念講演会を富士電子工業株式会社代表取締役社長・ものづくりなでしこ代表幹事の渡邊弘子氏をお招きし、「ものづくり×ダイバーシティ 多様な人材の活躍で企業活性化」と題して開催いたしました。
 参加者からは「企業において、女性が如何に活躍し、長く働ける環境を作るのか参考になりました。」、「会社全体の意識改革をすることで、残業時間や退職率軽減につながるとのことなので、実践してみたい。」等の意見を頂きました。
 働き方改革が課題となっている現代社会において、参考となる講演会となりました。その後、続いて意見交換会を行い、盛会裏のうちに終了となりました。

○平成30年6月12日(火)

青年部会と南あすなろ会が、有馬ロイヤルゴルフクラブで合同ゴルフコンペを開催しました。当日は、参加者14名がプレーを楽しむとともに、懇親会で日頃の事業活動などについて和やかに意見交換を行いました。

○平成30年6月8日(金)

南納税協会会議室において、南税務署の担当官を講師として、源泉徴収事務研修会を開催しました。
 新任の源泉徴収事務担当者を対象に、給与、賞与についての税額計算の実務をはじめ、源泉徴収の実務面の取扱いの説明を受けました。また、設例問題に取り組むなど、参加者には実りの多い研修会となりました。
 参加者からは「ゆっくり丁寧に説明して頂き分かりやすかった。」「実際に問題を解いたり、実務に役立つ内容でよかった。」との感想があがりました。

○平成30年6月7日(木)

太閤園において、大阪市内19協会青年部会による合同講演会・意見交換会を開催し、南納税協会からは15名の青年部会員が参加しました。
 講演会では、講師の隈研吾建築都市設計事務所 代表取締役 横尾実氏から、「場所になじむ建築 〜2020年に向けて進む素材主義〜」と題し、周囲の環境と共存できる自然素材を用いた建築の在り方等について2年後の東京オリンピックも見据えながらお話頂きました。
 講演会に続いて行われた意見交換会では、市内の青年部会員が地域の垣根を越えた活発な異業種交流を行い、親睦を深めました。

○平成30年6月6日(水)

南納税協会会議室において、南優青会が役員会を行い、今年度の事業活動の総括と来年度の運営目標等について協議しました。
 また、役員会終了後には、南税務署署長室を訪問し、佐々木署長が描かれた絵画を鑑賞しながら意見交換を行いました。

○平成30年6月4日(月)

アークホテル大阪心斎橋において大阪南納税貯蓄組合連合会の定例総会を開催し、平成29年度事業報告をはじめとする各議案について審議の後、いずれも可決承認されました。
 また、任期満了に伴う役員改選では、住田会長の勇退に伴い、大西副会長が次期会長就任に決まりました。住田会長には、御礼の気持ちを込めた花束が、連合会を代表して山下女性部長から手渡されました。
 総会後には税務指導協議会を行い、平成29年度確定申告期の結果報告と南納税協会の会員推移状況等について話し合いました。

○平成30年5月25日(金)

南優青会が19名の参加のもと、研修見学会を開催し、南河内郡・奈良方面をバスで訪問しました。
 最初に訪れた「近つ飛鳥博物館」では、館内随所に展示された埴輪、銅鏡、銅剣、甲冑、土器などの古墳出土物や仁徳陵古墳の巨大模型などを目の当たりにして、古墳時代にタイムスリップ、そして安藤忠雄氏の建築で有名な外観をバックに全員で記念撮影を行いました。
 その後、建築家辰野金吾氏設計のヒノキ造りの奈良ホテル本館を見学した後、同ホテルで昼食を兼ねた研修会を行い、南優青会の事業活動等について意見を交わしながら親睦を深めました。
 また、午後からは奈良市にある霊山寺へと向かい、寺院拝観と境内の満開のバラ園散策を楽しみました。当日は、消費税や宿泊税にまつわる「税金クイズ」と日本古代史をテーマとした講習会も行い、参加者一同が見聞を広められた充実した一日となりました。

○平成30年5月24日(木)

南納税協会会議室において、コミュニケーションコンサルタントの丸本智佳子氏を講師にお迎えし、電話応対研修を開催しました。当日は28名が出席し、基本的な電話応対からマナー、言葉遣い、音声表現などまた、ロールプレイングによるワンランクアップの電話応対について分かりやすく解説頂きました。
「実務的な内容を学べ非常に有意義な研修でした。」「分かりやすい説明で、実践してみたい内容が多くとても勉強になりました。」等の意見を頂きました。

○平成30年5月23日(水)

南納税協会会議室において、南あすなろ会総会を開催しました。総会に先立ち南税務署法人課税第1統括官木村信三様をお迎えし「税務行政の現状と課題及び消費税軽減税率制度」と題しご講演を頂きました。
 査察調査で実際に経験された事、インバウンドにまつわるお話など事例をまじえ説明して頂き、また伝統行事である「夏越の祓」による「茅の輪くぐり」の話など、歴史・文化にも触れるなど幅広いお話を頂きました。
 引続き、総会が執り行われ、総会終了後の意見交換会では、お互いの近況報告などが活発に行われ、和やかな雰囲気の中、大いに情報交換が行なわれました。

○平成30年5月22日(火)

南納税協会会議室において、「労働保険・社会保険の実務」を特定社会保険労務士の辻真吾氏を講師にお迎えし実施いたしました。当日は38名が参加する中、労働保険年度更新・社会保険算定基礎届の実務について、具体的計算例を交えながらわかりやすく解説頂きました。
 参加者からは「労働保険の年度更新の届出の記入方法を学べて良かった。」「年に1回の業務なので事前準備に役立ちました。」等の感想がありました。

○平成30年5月18日(金)

南納税協会会議室において、人材開発コンサルタントのハートリンク代表 阿部紀子氏を講師にお迎えし、「今どきの若手社員のやる気と成長を促すほめ方・叱り方・育て方セミナー」を開催しました。一般参加者も含め15社22名の参加を得る中、若手社員の特徴や有効な指導法・事例研究などについてグループディスカッションを交えながら学びました。
 参加者からは「他社の方と日頃お話できる機会がないので、様々な意見を聞くことができ大変参考になりました。」「若手社員へ今後どのように接すればよいかがわかったと同時に、自分の指導法を改めて見直す良い機会にもなりました。」等の意見があがり、有意義かつ楽しいセミナーとなりました。

○平成30年5月16日(水)

南納税協会3F大会議室において、第27回理事会を開催し、南税務署署長 佐々木民弥様をはじめ税務署幹部の皆様をお招きし、理事及び監事の33名の出席の下、第8回総会へ提出する平成29年度事業報告及び決算等について審議の結果、承認が得られました。

○平成30年5月15日(火)

南納税協会会議室において、法人部会主催の春季税務研修会&意見交換会を開催しました。
 講師に南税務署幹部の方をお迎えし、法人会員を対象にお話を頂きました。
 消費税軽減税率制度や最近の税務調査の傾向や、国際課税に関する税務調査の現状とポイント等、また実際に経験された調査の話など、具体的な事例をまじえてお話頂きました。特に税務コンプライアンス向上のための自主点検チェックシートの活用方法については、講師の実体験に基づく様々なエピソードを交えた、人間味豊かな語り口調に時折笑いも起きるなど、参加者一同、時間の経つのも忘れるほど聞き入りました。
 参加者からは、「このような法人向けの研修会は他で聞くことができないので今後も続けてほしい」という意見を多数頂きました。
 研修会終了後、講師を交えた意見交換会が行われ、すぐに打ち解け、名刺交換も活発に行われるなど、和やかなひと時となりました。

○平成30年5月11日(金)

社会福祉指導会館において、大阪国税局 調査第一部 調査審理課 総括主査 佐々木拓己氏を講師にお迎えし、「平成30年度税制改正等」の研修会を開催しました。当日は44名が出席し、賃上げ及び投資促進に係る税制、企業の事業承継、国税の申告手続の電子化促進措置等を分かりやすく解説頂きました。
 また、来年10月より施行される予定の消費税軽減税率制度についてもご説明いただきました。

○平成30年4月25日(水)

南納税協会において、法人部会正副支部長会議を開催しました。
 昨年実施した加入勧奨における会長感謝状受贈者の推薦について協議し、法人部会から2名、法人会員から1名の方を候補として推薦することに決まりました。
 また、会員加入勧奨の活動結果や行事予定、今後の活動方針等について協議しました。

○平成30年4月23日(月)

青年部会の総会をハートンホテル南船場で開催し、平成29年度事業報告・決算報告、平成30年度事業計画案・予算案等について審議し、全て満場一致で承認を得ました。
 総会後には、会員の株式会社コジマ取締役の近藤佑介氏から「厳しい環境を見通す為に今すべき事」と題して講演を頂きました。
 続く意見交換会では、新入会員を含む参加者による自己紹介と近況報告も交えながら、和やかに交流を深めました。

○平成30年4月18日(水)

南納税協会3F大会議室において、南納税協会副会長兼常任理事の服部正行を講師として、やさしくわかる税務調査 不服申立・税務訴訟研修会を開催しました。
 調査内容や調査結果に関して不満や不服がある場合どのように対処したらよいか、課税処分が企業にどのような影響を与えるか、国税通則法の改正後の税務調査の現状と流れや問題点などを踏まえ、知っておくべきポイントと対応策について多角的な視点で解説いたしました。また、国税不服審判所と税務訴訟における裁判所の審理の流れと特色について経験談を交えながら説明しました。
 「税務調査について聞くことができ大変参考になりました。」「税務調査への心構えが少しできました。」 等の意見を頂きました。

○平成30年4月12日(木)

南納税協会において、アクト経営会計事務所所長の中嶋崇氏を講師にお迎えし、会計経理の基礎知識研修を開催しました。
 当日は33名が出席し、日常の経理業務、税務に関する基礎知識、決算書・試算表の見方などについての説明を受けました。
 「基礎も含め知らなかったことを改めて知ることができ良い経験になりました。」「具体的でとても分かりやすく実践的な事も説明頂き、今後の業 務の参考にさせていただきます。」等の意見を頂きました。

○平成30年4月6日(金)

大阪府社会福祉会館において、南税務署の担当官を講師として、決算期別説明会(平成30年度3月、4月、5月決算法人を対象)を開催しました。
 法人税申告書、消費税申告書の作成、そして消費税軽減税率制度等に当たっての留意事項について説明会を実施いたしました。

○平成30年4月5日(木)

青年部会主催の新入社員の方を中心としたビジネスマナー研修を南納税協会会議室で行いました。研修に先立ち、青年部会井副部会長から新入社員の方に向けて温かいエールが送られ、その後、南税務署中島課長補佐から新社会人として知っておくべき税知識に関する租税教室を開催しました。
 ビジネスマナー研修では、講師に、毎年好評を得ている日本人財研究所の五十棲恵子氏をお迎えし、マナーの心得から表情・身だしなみの大切さ、言葉遣い、お辞儀や名刺交換、電話の取り方など、演習を交えながら幅広く学習しました。
 参加者からは、「名刺交換やお辞儀の仕方など、実践方式で学べ、今後の社会人生活で役立つ内容ばかりでした。」「丁寧にわかりやすく教えて頂き、マナーの大切さが改めてよくわかりました。」等の感想があがりました。