〒542-0012

大阪市中央区谷町7丁目5−22

電 話:06−6762−2457

FAX:06−6762−5015

HP:http://www.nk-net.co.jp/minami/

E-mailminami@nk-net.co.jp



《 事業活動のご案内

令和元(平成31)年度

前年度事業へ 》

○令和元年5月24日(金)

南優青会が19名参加のもとに研修見学会を開催し、琵琶湖方面をバスで訪問しました。
 最初に訪れた「琵琶湖博物館」では、琵琶湖と生物・人々とのつながりをテーマに、化石の標本や水族展示など趣向を凝らしたコレクションから自然環境・歴史・暮らしについて幅広く学びました。
 その後、琵琶湖客船「ミシガン」に乗船し、昼食と懇親会を兼ねた琵琶湖クルーズを行い、爽やかな風を感じながら親睦を深めました。
 当日は、画家としても活躍されている前南税務署長の佐々木 民弥氏を講師にお迎えし、訪問先の滋賀・琵琶湖にちなんだ税に関する講演とクイズで華を添えて頂き、学び多き充実した一日となりました。

○令和元年5月23日(木)

南納税協会において、南あすなろ会総会を開催しました。
 まず南税務署法人課税第1統括官木村信三様をお迎えし、「国際課税の現状」と題しご講演を頂きました。国際戦略トータルプランや国境を越えた役務の提供に係る消費税についてお話頂きました。
 引続き総会を執り行い、平成30年事業報告・収支決算並びに平成31年度事業計画・収支予算について審議され承認可決されました。また、役員改選も行い、逢阪会長から市田会長へとバトンが引き継がれました。
 総会終了後の意見交換会では、お互いの近況報告などが活発に行われ、和やかな雰囲気の中大いに情報交換が行なわれました。

○令和元年5月22日(水)

南納税協会3階会議室において、株式会社BCPJAPANの代表取締役 山口 泰信氏を講師にお迎えし、「中小企業のためのBCP(事業継続計画)セミナー」を開催しました。
 地震や台風・洪水などの自然災害等に対して、現実的な準備等の具体策をお話頂き、参加者からは「ご自身の経験からの話は説得力がありました。」「今後の対策として何が必要か、参考になること が多かったです。」等の意見があがりました。

○令和元年5月21日(火)

南納税協会会議室において、特定社会保険労務士の辻真吾氏を講師にお迎えし、「よくわかる労働保険・社会保険の実務」を開催しました。
 労働保険・社会保険の中でも、“年度更新”と“算定基礎届”を中心に具体的な実例を交えながら説明を受け、参加者からは「実務の基礎的な部分も教えて頂き、参考になる内容でした。」「大変わかりやすく、今後の実務に役立てたいです。」等の意見が出ました。

○令和元年5月21日(火)

労働保険・社会保険の実務セミナーに引き続き、南税務署の担当官を講師として、消費税軽減税率制度説明会を開催しました。
 平成31年10月1日から消費税の軽減税率制度が実施されますが、事業者の方に知っておいていただきたいポイントについて説明がされました。

○令和元年5月17日(金)

南納税協会会議室において、法人部会主催の春季税務研修会&意見交換会を開催しました。講師に南税務署幹部の方をお迎えし、法人会員を対象にお話を頂きました。
 当日は41名が出席し、国税庁からのお知らせとして、申告書等用紙に代えて、「申告のお知らせ」を送る説明や酒類の消費構成の推移の話がありました。
また、税務調査の実態と調査官の本音から事例をまじえた大変興味深いお話を頂きました。
 参加者からは、このような普段の説明会では聞けない内容の法人向けの研修会は今後も続けてほしいという意見等を頂きました。
 研修会終了後の意見交換会で今回は利き酒会が行われ、ヒントを頼りに日本酒の利き比べを楽しみました。その後答え合わせとなり、それぞれの回答の是非に大いに盛り上がり、和やかな中にも活発な会となり有意義な時間を過ごすことが出来ました。

○令和元年5月15日(水)

南納税協会3F大会議室において、第31回理事会を開催し、南税務署署長 壷見晴彦 様をはじめ税務署幹部の皆様をお招きし、理事及び監事の38名の出席の下、第9回総会へ提出する平成30年度事業報告及び決算等について審議の結果、承認が得られました。

○令和元年5月13日(月)

南納税協会において、当協会のセミナーで人気のアクト経営会計事務所所長の中嶋崇氏を講師にお迎えし、会計経理の基礎知識研修を開催しました。
 当日は24名が出席し、日常の経理業務、税務に関する基礎知識、決算書・試算表の見方などについての説明を受けました。
 「経理に配属になったばかりで分からないことが多い中、詳しい所まで知ることができて良かったです。」「復習になる所や新しく学ぶところも多く、大変分かりやすく今後の仕事に活用させて頂きます。」等の意見を頂きました。

○令和元年5月9日(木)

社会福祉指導センターにおいて、南納税協会、南調会、南優法会主催のもと、大阪国税局 調査第一部 調査審理課 総括主査 佐々木拓己氏を講師にお迎えし、「平成31年度税制改正等」の研修会を開催しました。
 当日は48名が出席し、研究開発税制の見直し、中小企業に関する各種規定の見直し、組織再編税制における適格要件の見直し等を分かりやすく解説頂きました。

○令和元年5月8日(水)

青年部会の総会をハートンホテル心斎橋別館で開催し、平成30年度事業報告・決算報告、平成31年度事業計画案・予算案、役員改選等について審議し、全て満場一致で承認を得ました。
 総会後には、副部会長の株式会社玉屋 専務取締役の植田茂和氏による「岸和田のお祭り文化」と題した講演会を行い、祭りの法被姿に変身した植田さんに会場から歓声が上がり、だんじり祭の映像と相まって臨場感たっぷりの講演会となりました。
 続く意見交換会では、参加者による自己紹介と近況報告も交えながら、和やかに交流を深めました。

○平成31年4月24日(水)

南納税協会会議室において、法人部会正副支部長会議を開催しました。
 昨年度、実施した加入勧奨における会長感謝状受贈者の推薦について協議し、法人会員増強の部において、法人部会から1名、協会会員から4名の方を受贈者候補として推選することに決まりました。
 また、会員加入勧奨の活動結果、行事予定及び今後の活動方針等も確認されました。 会議終了後、引続き、福祉制度推進協議会が行われました。

○平成31年4月23日(火)

南納税協会会議室において、日本人財研究所の丸本智佳子氏を講師にお迎えし、部下育成コミュニケーション講座を開催しました。
 部下との良好なコミュニケーションの取り方・信頼関係の築き方や、どのようにすれば部下から主体性を引き出せるか等について、参加者同士の意見交換も交えながら多角的に学びました。
 参加者からは、「自分自身の部下に対する接し方・指導方法を改めて見直す良い機会となりました。本研修で学んだ内容を実践できるよう努めていきたいと思います。」「上司・部下のコミュニケーションにとどまらず、仕事全体についての取組みが前向きに進められそうです。」等の感想があがりました。

○平成31年4月19日(金)

大阪府社会福祉指導センターにおいて、税理士の金井恵美子氏を講師にお迎えし、消費税軽減税率導入に向けた事前準備と実務セミナーを開催しました。
 当日は47名が出席し、全ての業種で知っておきたい価格転嫁、軽減税率制度、インボイス制度等幅広く解説を頂きました。金井先生の解説は、豊富な知識と説得力を基に、軽減税率導入前の疑問点を一つ一つ解きほぐしながら進められ、参加者一同が集中して聴き入ることができる内容でした。
 セミナー終了後には、参加者の関心の高さから質問で長蛇の列ができ、先生には時間を大幅に超過しても丁寧に対応して頂きました。
 参加者からは「内容が実務者向けで大変分かりやすく、3時間があっという間で楽しく受講することが出来ました。」「先生の説明は具体例も多く、とても分かりやすく、不明な点が理解出来ました」「色々セミナーを受講しましたが、今までで一番分かりやすく、大変役に立ちました。」等の意見を頂きました。

○平成31年4月11日(木)

大阪府社会福祉会館において、南税務署の担当官を講師として、決算期別説明会を開催しました。
 決算期別説明会の前後に、消費税軽減税率制度説明会を併せて2回開催し、令和元年10月1日から施行される軽減税率の対象品目、請求書等、帳簿への記載事項等の説明がありました。
 決算期別説明会(平成31年3月、4月、5月決算法人を対象)では、法人税申告書、消費税申告書の作成に当たっての留意事項や源泉所得税の改正事項、納付書の記載、また印紙税の取扱いについて説明がありました。

○平成31年4月5日(金)

新入社員の方を中心としたビジネスマナー研修を南納税協会会議室で行いました。講師には、毎年マナー研修の講師で好評を博している日本人財研究所の五十棲恵子氏をお迎えし、マナーの心得から表情・身だしなみの大切さ、言葉遣い、お辞儀や名刺交換、電話の取り方など、演習を交えながら幅広く学習しました。
 参加者からは、「社会人として必須のマナーについて、実践で学べたのが良かったです。」「今日学んだ事を今後の社会人生活で役立てていきたいです。」等の意見が出ました。
 また、当日は社会人向けの租税教室を併せて実施し、税金の基礎知識や源泉徴収制度についても学びました。