〒542-0012

大阪市中央区谷町7丁目5−22

電 話:06−6762−2457

FAX:06−6762−5015

HP:https://www.nk-net.co.jp/minami/

E-mailminami@nk-net.co.jp



《 事業活動のご案内

令和3年度

前年度事業へ 》

○令和3年8月26日(木)

南納税協会において、アクト経営会計事務所長で税理士の中嶋崇氏を講師にお迎えし、「源泉所得税実務セミナーU」を開催しました。
 当日は、参加者全員に検温・マスク着用・消毒を頂き、会場内の換気と参加者同士の十分な間隔を空けた配席で、新型コロナ感染防止に万全の対応に努めました。
 源泉所得税事務の経験者向けに、実務上の留意点、誤りやすい事例等について重点的に学ぶ2回シリーズの第2回目は、特に、現物給与・特殊な給与、非居住者等に支払う所得の源泉徴収事務について、実例に基づいた演習問題を交えながらの解説により、参加者の理解がより深まるセミナーとなりました。
 参加者からは、「お話を聞くだけではなく、事例について考えながらセミナーを進めて頂けたので良い経験となりました。」「非居住者について聞くことのできるセミナーの機会があまり無かったため、参加できて良かった。」等の意見が出ました。

○令和3年8月23日(月)

公益社団法人南納税協会 代議員候補者と投票に関する告示を行いました。
代議員の投票受付期間は、令和3年8月24日(火)から令和3年9月3日(金)15時までです。

○令和3年8月6日(金)

大成閣にて、72名の役員、代議員の出席のもと、南税務署長の中来田真康様をお招き、署長講演会を開催しました。『税「KIN」の話』と題し、消費税インボイス制度、e-Taxの推進など最新の情報のほか、若手職員の育成に力を注ぐ熱い気持ちを語っていただくなど、幅広い話題を拝聴できる講演会となりました。
 当日は、参加者全員に検温・マスク着用・消毒を頂き、会場内の換気と参加者同士パーテーションで区切った配席で、新型コロナ感染防止に万全の対応に努めました。
 引き続き、南税務署長 中来田真康 様、南税務署副署長 藤島保 様、南税務署総務課長 藤田康成 様との名刺交換会を実施致しました。
 今年度は、意見交換会が中止となったため、会員の皆様には、大成閣自慢の「神戸牛弁当」をお持ち帰り頂きました。

○令和3年8月6日(金)

大成閣において、令和3年度第2回正副会長会を開催しました。
 当日は、南税務署署長 中来田真康 様、南税務署副署長 藤島保 様をお招きし、正副会長7名にて、南税務署の人事異動後、初めての正副会長会ということもあって、出席者の自己紹介に続き、南納税協会と併設団体の概況説明を行いました。

○令和3年8月5日(木)

南納税協会において、アクト経営会計事務所長で税理士の中嶋崇氏を講師にお迎えし、「源泉所得税実務セミナーT」を開催しました。
 当日は、参加者全員に検温・マスク着用・消毒を頂き、会場内の換気と参加者同士の十分間隔を空けた配席で、新型コロナ感染防止に万全の対応に努めました。
 源泉所得税事務の経験者向けに、実務上の留意点、誤りやすい事例等について、重点的に学ぶ2回シリーズの第1回目は、源泉徴収の概要、毎月の源泉徴収事務、非課税所得について、実例による演習問題を交えながらの解説により、参加者はしっかりと学ぶことができました。
 参加者からは、「実際の月額表・日額表を使いながら計算できたので、大変わかりやすかった。」「源泉徴収税額の確認について、さまざまなケースでみていくことができ勉強になりました。」等の意見が出ました。

○令和3年8月4日(水)

大阪府社会福祉会館において、社会保険労務士・税理士の柴田栄氏を講師にお迎えし、「社会保険・労働保険の実務 重要ポイントセミナーT」を開催しました。
 当日は、参加者全員に検温・マスク着用・消毒を頂き、会場内の換気と参加者同士の十分な間隔を空けた配席で、新型コロナ感染防止に万全の対応に努めました。
 会社における採用から退職まで、各場面における具体的な実務処理について、重要ポイントを押さえる2回シリーズの第1回目は、社会保険・労働保険の制度の概要と動向、そして、入社時・退社時の手続と問題点について、講師オリジナル作成の労務手続きフローや仕組みに基づく実務者目線に立った解説により、参加者の理解がより深まるセミナーとなりました。
 参加者からは、「実務に沿った内容で大変わかりやすかった。」「事例問題も交えながらポイントを具体的に説明頂き、大変ためになりました。」等の感想を頂きました。

○令和3年7月26日(月)〜8月31日(火)

南納税協会において、税理士の野村知由氏を講師にお迎えして、7月26日〜8月31日までの間、簿記教室(全5回)を開催しました。
 全ての開催日において、参加者全員に検温・マスク着用・消毒を頂き、会場内の換気と参加者同士の十分な間隔を空けた配席で、新型コロナ感染防止に万全の対応に努めました。
 実務に活かせる簿記の基本の習得と簿記3級合格を目指し、講師オリジナルのレジュメにより、仕訳や帳簿の付け方・決算手続まで、練習問題を解きながら、しっかりと学びました。
 参加者からは「大変わかりやすかった。当初予定していなかった検定試験にもチャレンジしてみようという気持ちになりました。」「限られた時間内に多くの知識を取得するにあたり、先生が手作りのレジュメを用意して下さる等、さまざまな工夫をして頂き助かりました。」等の意見が出ました。

○令和3年7月1日(木)〜令和3年8月31日(火)

大阪ミナミ地域の多くの商店街で構成する「いっとこミナミ実行委員会」が主催する道頓堀川万灯祭が令和3年7月1日(木)から始まりました。“新型コロナウイルスの感染終息!我がまち・ミナミ、大阪の回復”を願って、深里橋から日本橋の区間に1300灯以上の提灯が彩っています。
 新型コロナウイルスの感染拡大の影響で大きな被害を受けているミナミのまちですが、一刻も早く新型コロナウイルス感染を終息させ、元のミナミを取り戻し、世界に大阪ミナミをアピールしたいとの願いがこもったイベントです。
 万灯祭の期間、南納税協会ほか大阪南納税貯蓄組合連合会、南調会、南優法会、南優青会、南あすなろ会6団体が、感染症終息とミナミの復活を提灯に願いを込めつつ、e-Taxの普及拡大を掲げ広報しました。

○令和3年7月28日(水)

南納税協会において、南税務署担当官を講師として決算期別研修会を開催しました。
 当日は、参加者全員に検温・マスク着用・消毒を頂き、会場内の換気と参加者同士の十分な間隔を空けた配席で、新型コロナ感染防止に万全の対応に努めました。
 令和3年6月、7月、8月決算法人を対象に、法人税申告書、消費税申告書の作成に当たっての留意事項、源泉所得税・印紙税の実務についての留意事項等の説明がありました。

○令和3年7月27日(火)

南納税協会において、社会保険労務士・税理士・中小企業診断士の中嶋崇氏を講師にお迎えし、「基礎からわかる民事信託」セミナーを開催しました。
 当日は、参加者全員に検温・マスク着用・消毒を頂き、会場内の換気と参加者同士の十分な間隔を空けた配席で、新型コロナ感染防止に万全の対応に努めました。
 高齢社会を背景に認知症が増加し、相続や事業承継でのトラブルも問題となっている中、早めに民事信託を行うことでリスク回避する方法について基礎から学びました。
参加者からは、「相続についての知識を得ることができました。」「詳しく説明して頂けたので、事業承継について考える良い機会となりました。」等の意見が出ました。

○令和3年7月20日(火)

公益社団法人南納税協会 代議員選挙の実施に関する告示を行いました。
代議員の立候補及び推薦の届出 受付期間は、令和3年7月21日(水)から令和3年8月2日(月)までです。

○令和3年7月20日(火)

南納税協会において、特定社会保険労務士の辻真吾氏を講師にお迎えし、パワーハラスメント防止研修を開催しました。
 当日は、参加者全員に検温・マスク着用・消毒を頂き、会場内の換気と参加者同士の十分な間隔を空けた配席で、新型コロナ感染防止に万全の対応に努めました。
法改正に伴い、企業による雇用管理上の措置義務として、職場のパワハラを防止することや、必要な措置を講ずることが盛り込まれ、今回の研修では、事業主が講ずべき雇用管理上の措置義務等について具体例を中心に学びました。
 参加者からは「パワハラについて、整理できた。」「社内研修の参考にさせていただきます。」等の感想があがりました。

○令和3年7月17日(土)

令和3年高津宮夏祭りの会場にて、高津宮小谷宮司、青年部会員の協力の下、南納税協会が独自で作成した「納涼うちわ」を配布し、適正申告の推進と納税協会の魅力をアピールしました。猛暑の中、参詣者からは人気のグッズとなり、境内のけたたましい蝉の声とともに、納涼うちわが高津宮夏祭りの風物詩に一役かいました。

○令和3年7月14日(水)

南納税協会会議室において、日本人財研究所の丸本智佳子氏を講師にお迎えし、部下育成コミュニケーション講座を開催しました。
 当日は参加者全員に検温・マスク着用・消毒を頂き、会場内の換気と参加者同士の十分な間隔を空けた配席で、新型コロナ感染防止に万全の対応に努めました。
 部下との良好なコミュニケーションの取り方・信頼関係の築き方や、どのようにすれば部下から主体性を引き出せるか等について学びました。
 参加者からは、「原因論的アプローチしか知らなかったので、今日参加できて良かった。」「アクションプランの重要性、ワンオアミーティングを実行してみます。」等の感想が上がりました。また、開始時間帯の突然の豪雨により、ずぶ濡れで参加された皆様に、南納税協会から、特別に履き替え用の靴下をプレゼントいたしました。

○令和3年7月8日(木)

南納税協会において、公認会計士・税理士の清原裕平氏を講師にお迎えし、「法人税実務研修U」を開催しました。
 当日は、参加者全員に検温・マスク着用・消毒を頂き、会場内の換気と参加者同士の十分な間隔を空けた配席で、新型コロナ感染防止に万全の対応に努めました。
 本年度のテーマである「固定資産の税務」に係る第2回目は、減価償却の取扱い・耐用年数・資本的支出と修繕費・リース取引等について、相談事例や税務調査事例も交えながら解説を頂きました。
 参加者からは「具体例や実例を踏まえて説明して頂いたので、理解しやすかった。」「業務に役立つ内容で大変参考になりました。」等の感想を頂きました。

○令和3年7月6日(火)

南納税協会において、税理士の松尾剣吾氏を講師にお迎えし、消費税入門セミナーを開催しました。当日は参加者全員に検温・マスク着用・消毒を頂き、会場内の換気と参加者同士の十分な間隔を空けた配席で、新型コロナ感染防止に万全の対応に努めました。
 経理初心者の方、消費税の知識がない方が、消費税の基本的な仕組みについて、じっくりと学びました。参加者から「研修内容は今後の業務に役立つ内容で、大変参考になりました。」「決算の処理をしていて、消費税申告書の仕組みが理解できていなかったので、内容が分かって良かった。」などのご意見が上がりました。

○令和3年6月22日(火)

大阪府社会福祉会館において、大阪国税局課税第二部消費税課の担当官を講師に、輸出物品販売場を経営する事業者の方を対象とした「免税販売手続の電子化対応セミナー」を開催しました。当日は参加者全員に検温・マスク着用・消毒を頂き、会場内の換気と参加者同士の十分な間隔を空けた配席で、新型コロナ感染防止に万全の対応に努めました。
 現在、免税販売の中心となるインバウンド需要は激減しているものの、本年10月から電子化が義務化されることとなり、将来、必ず訪れるインバウンドの回復により必須となる免税販売手続の電子化手続きについて、概要から免税販売管理システムの仕組み、電子化対応への事前準備や手続きの方法等に関して解説を受けました。参加者からは、「必要な手続きがよくわかり、勉強になりました。」「免税販売手続の仕組みや申請書の書き方など教えて頂けたので、早速手続きを進めようと思いました。」等の意見が出ました。

○令和3年6月18日(金)

南納税協会において、株式会社日本人財研究所の末村誠規史を講師にお迎えし、「管理者養成セミナー」を開催しました。当日は参加者全員に検温・マスク着用・消毒を頂き、会場内の換気と参加者同士の十分な間隔を空けた配席で、新型コロナ感染防止に万全の対応に努めました。
 職場を一つの方向性にまとめるためのマネジメントの方法について、どのように行動を起こしていくべきか、リーダーとしての視点や役割も含め学びました。参加者からは、「具体例をあげながら説明して頂き、よく理解できました。」「実際に起きている課題に向き合うことができ、頭の整理ができました。」等の感想を頂きました。

○令和3年6月16日(水)

南納税協会において、ハートリンク代表の阿部紀子氏を講師にお迎えし、「気配り思いやりの仕事術」を開催しました。当日は参加者全員に検温・マスク着用・消毒を頂き、会場内の換気と参加者同士の十分な間隔を空けた配席で、新型コロナ感染防止に万全の対応に努めました。
 今よりももっといい仕事をするために、相手に考え方をしっかり伝えて、相手の立場に立った視点からコミュニケーション、電話応対、メール等の仕方について幅広く学びました。
 参加者からは「相手の立場に立ったメールや会話等が学べて、非常に有意義だった。」「内容がわかりやすく、とても聞きやすい研修でした。」「気を付けたい点がいくつもありました。ありがとうございました。」等の意見が出ました。

○令和3年6月15日(火)

青年部会と南あすなろ会が、有馬ロイヤルゴルフクラブで合同ゴルフコンペを行いました。
 緊急事態宣言の発出が続く中、会員同士の団結を深め、新しい時代に向けて意見を出し合える場の創出として開催しました。
 当日は梅雨の合間で好天に恵まれ、大自然の中で気持ち良くプレーを楽しむとともに、今後の事業活動等についても大いに語り合えた充実した1日となりました。

○令和3年6月15日(火)

南納税協会において、アクト経営会計事務所長で税理士の中嶋崇氏を講師にお迎えし、「やさしい法人税入門」を開催しました。当日は参加者全員に検温・マスク着用・消毒を頂き、会場内の換気と参加者同士の十分な間隔を空けた配席で、新型コロナ感染防止に万全の対応に努めました。
 法人税の基本的な仕組みや決算・申告の流れ、益金・損金等について、ワークを交えながら学びました。参加者からは「経理担当として、どのようなものが益金・損金になるかが詳しく教えていただけたのが良かったです。」「丁寧に説明をしていただき、大変わかりやすかったです。」等の感想があがりました。

○令和3年6月14日(月)

南納税協会において、中小企業診断士の諸勝文氏を講師にお迎えし、「事業再構築補助金制度解説セミナー」を開催しました。当日は参加者全員に検温・マスク着用・消毒を頂き、会場内の換気と参加者同士の十分な間隔を空けた配席で、新型コロナ感染防止に万全の対応に努めました。
 ウィズコロナ時代を生き抜くための施策としての事業再構築補助金制度について、メリットや利用する上での留意点、業務計画の立て方等について解説を受けました。終了後、個別の相談にも丁寧に応じていただきました。参加者からは「制度の説明とともに、企業戦略の策定の重要性についてお聞きできたのが良かったです。」「レジュメ内容も非常にわかりやすく、丁寧な説明で制度のことが詳しく理解できました。」等の意見が出ました。

○令和3年6月11日(金)

教育支援事業の一環として、管内中学校2校(大阪市立上町中学校・大阪市立南中学校)に感染症予防のためのアルコール消毒液を南納税協会と大阪南納税貯蓄組合連合会から寄贈しました。
 昨年来、新型コロナウイルス感染症の拡大により、さまざまな制約を強いられる教育現場において、租税教育等でご協力を頂いているご縁もある上町中学校と南中学校に安心安全に勉学に励んで頂きたいとの思いを込めてお贈りすることとしました。
 生徒の皆さん、教職員の皆様、これからも頑張ってください!!

○令和3年6月10日(木)

ホテル日航大阪において、新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、会長、副会長、代議員・理事、監事18名参加のもと、少人数で南納税協会総会を開催しました。
 令和3年度事業報告及び収支決算について審議し、議決権の行使及び委任状提出分を含め、いずれも承認を得ました。
 例年、総会に引き続き実施する講演会、意見交換会は、本年は感染症対策のため中止となりました。

○令和3年6月8日(火)

大阪府社会福祉会館において、南税務署の担当官を講師に、新任の源泉事務担当者を対象とした「源泉徴収事務研修会」を開催しました。当日は参加者全員に検温・マスク着用・消毒を頂き、会場内の換気と参加者同士の十分な間隔を空けた配席で、新型コロナ感染防止に万全の対応に努めました。
 講師の仕事に対する熱意溢れる考え方や経験談を交えながら、源泉徴収事務の基礎から申告・納付の仕方まで、オリジナルのレジュメに沿って説明を受けた後、演習問題を解きました。参加者からは、「講師の仕事に対する考え方が素敵で共感できました。研修も大変わかりやすかったです。」「初心者にも分かりやすく、頑張ろうと思える研修でした。」等の感想が出ました。

○令和3年5月24日(月)

南納税協会において、南あすなろ会総会を開催しました。
 まず、総会が執り行われ、令和2年事業報告・収支決算並びに令和3年度事業計画・収支予算について審議され承認可決されました。
 また、役員改選も行われ、全員が留任することになりました。
 総会終了後の意見交換会では、コロナ禍におけるお互いの近況報告や苦労話など、タイムリーかつ今後の参考となる内容に、参加者一同が熱心に聞き入る時間となりました。
 和やかな雰囲気の中、大いに情報交換の場が盛り上がりました。

○令和3年5月21日(金)

南納税協会において、公認会計士・税理士の清原裕平氏を講師にお迎えし、「法人税実務研修 T」を開催しました。
 当日は、参加者全員に検温・マスク着用・消毒を頂き、会場内の換気と参加者同士の十分な間隔を空けた配席で、新型コロナ感染防止に万全の対応に努めました。
 本年度のテーマである「固定資産の税務」に係る第1回目は、固定資産の意義、取得価額の構成、固定資産を取得・譲渡した際の税務上の留意事項等について学びました。
 参加者からは「税務調査事例の説明があり、決算時に注意すべき点がよくわかりました。」「固定資産について、基礎から学習できて良かったです。」等の意見が出ました。

○令和3年5月19日(水)

南納税協会において、特定社会保険労務士の辻真吾氏を講師にお迎えし、「よくわかる労働保険・社会保険の実務」を開催しました。
 当日は、参加者全員に検温・マスク着用・消毒を頂き、会場内の換気と参加者同士の十分な間隔を空けた配席で、新型コロナ感染防止に万全の対応に努めました。
 講師から、労働保険・社会保険の中でも、特に“年度更新”と“算定基礎届”を中心に、手続きの方法や仕組み、書類の作成手順や提出方法、新型コロナによる一時帰休となった場合の事例について説明頂きました。参加者からは「どのような手続や書類の作成が必要なのか、一連の流れを理解することができました。」「基礎的な部分から具体例を交えながら解説頂いたので、全体像がつかみやすく大変分かりやすかったです。」等の意見が出ました。

○令和3年5月17日(月)

南納税協会3F大会議室において、令和3年度第1回正副会長会を開催しました。
 当日は、南税務署署長 伊香昌重様、南税務署副署長 足立良民様をお招きし、正副会長7名にて、書面審議による理事会に提出する第11回総会の決議事項、令和2年度事業報告及び決算等について審議の結果、満場一致で承認が得られました。

○令和3年5月11日(火)

南納税協会において、ハートリンク代表の阿部紀子氏を講師にお迎えし、「総務・庶務担当者の役割と基本の基本」を開催しました。
 当日は、参加者全員に検温・マスク着用・消毒を頂き、会場内の換気と参加者同士の十分な間隔を空けた配席で、新型コロナ感染防止に万全の対応に努めました。
 これからの時代を担う変革意識を持った総務・庶務担当者として、要となる社内でのコミュニケーションの取り方・効率的な仕事の進め方等について幅広く学びました。参加者からは「参考例や演習もあり、すぐに実行したいと思える内容をたくさん解説頂き、勉強になりました。」「慶弔や防災関係など幅広く解説頂き、大変勉強になりました。」等の意見が出ました。

○令和3年5月7日(金)

ハートンホテル心斎橋別館において、青年部会の総会を開催しました。会場では、検温・マスク着用・消毒を徹底の上、換気と参加者同士の十分な間隔を空けた配席の中、令和2年度事業報告・決算報告、令和3年度事業計画案・予算案等について審議し、全て満場一致で承認を得ました。 
 総会後は、参加者による近況報告会を行い、コロナ禍の中、ミナミの企業家の皆さんの、荒波に立ち向かう果敢な姿勢と心意気に、参加者一同が元気をもらう貴重なひとときとなりました。

○令和3年4月27日(火)

南納税協会において、中小企業診断士 諸 勝文氏をお迎えし、「事業再構築補助金に関する個別相談」を開催しました。当日は、参加者に検温・マスク着用・消毒を頂き、新型コロナ感染防止に向けて万全の対応に努めました。
 計3名の参加者との個別相談を実施し、それぞれ各事業者の事業計画を聞き取りながら丁寧に相談して頂きました。
 参加者からは「親切に相談に乗って頂きありがとうございました。」「問題点等を丁寧にご説明頂き良かったです。」等の意見を頂きました。

○令和3年4月22日(木)

南納税協会会議室において、特定社会保険労務士の辻真吾氏を講師にお迎えし、「働き方改革に対応 労務管理の基礎知識」を開催しました。
 当日は、参加者全員に検温・マスク着用・消毒を頂き、会場内の換気と参加者同士の十分な間隔を空けた配席で、新型コロナ感染防止に万全の対応に努めました。
 講師から、長時間労働是正のための残業規制や同一労働同一賃金への対応、ハラスメントの防止や外国人の雇用、副業、テレワーク、高齢の雇用等の様々な労務管理にまつわる最新の情報や職場での対応すべき重要ポイントについて解説がありました。併行して南納税協会からのプレゼントされた小冊子「働き方改革に対応対話でわかる 労務管理の基礎知識」の掲載事例も時折り交えながらの解説は大変わかりやすいと好評でした。
 参加者からは「講師のお話しはとても分かりやすかったです。労務管理は複雑で理解するのが難しいですが、今後の参考にさせていただきます。」「幅広く労務について理解することができました。」等の意見が出ました。

○令和3年4月13日(火)

南納税協会において、税理士の松尾剣吾氏をお迎えし、「緊急経済対策における税制上の措置&令和3年度税制改正セミナー」を開催しました。当日は、参加者全員に検温・マスク着用・消毒を頂き、会場内の換気と参加者同士の十分な間隔を空けた配席で、新型コロナ感染防止に向けて万全の対応に努めました。
 今回のセミナーでは、昨年施行された「緊急経済対策」における税制上の措置について、現在においても関りのある項目について解説があり、続いて令和3年度税制改正のうち法人税を中心に中小企業に関わりがある項目について解説がありました。
 参加者からは「とても勉強になりました。ありがとうございました。」「簡潔な説明で良かったです。」等の意見を頂きました。

○令和3年4月7日(水)

大阪府社会福祉会館において、南税務署の担当官を講師として、決算期別研修会を開催しました。当日は、参加者全員に検温・マスク着用・消毒を頂き、会場内の換気と参加者同士の十分な間隔を空けた配席で、新型コロナ感染防止に向けて万全の対応に努めました。
 説明会(令和3年3月、4月、5月決算法人を対象)においては、法人税申告書、消費税申告書の作成等に当たっての留意事項、源泉所得税の改正事項と納付書の記載方法、印紙税について説明がありました。

○令和3年4月2日(金)

大阪府社会福祉会館において、日本人財研究所の五十棲恵子氏をお迎えし、ビジネスマナー研修を開催しました。当日は、参加者全員に検温・マスク着用・消毒を頂き、会場内の換気と参加者同士の十分な間隔を空けた配席で、新型コロナ感染防止に向けて万全の対応に努めました。
 冒頭に、青年部会長 祖父江洋二郎氏(さつき株式会社)より新入社員に向けて、社会人としての心得や激励の言葉が贈られ、続いて南税務署担当者より社会人向けの租税教室として税の使い道や源泉徴収制度について学びました。
 ビジネスマナー研修では、社会人としての基本マナーである、挨拶、身だしなみ、言葉遣い、電話対応、名刺の扱いなど幅広く学びました。
 参加者からは「ビジネスマナーの基礎を確認するとともに新しいことも学ぶことができ大変為になった。」「社会人としてのマナーを身につけることができ、今日学んだことを有意義に仕事に活かしていきたい。」等の意見を頂きました。