〒542-0012

大阪市中央区谷町7丁目5−22

電 話:06−6762−2457

FAX:06−6762−5015

HP:https://www.nk-net.co.jp/minami/

E-mailminami@nk-net.co.jp



《 事業活動のご案内

令和元(平成31)年度

前年度事業へ 》

○令和2年1月30日(木)

ホテル日航大阪において、「竹本織太夫さんの文楽のすゝめ」講演会・交流会を実施致しました。
 当日は、NHKなどでご活躍される六代目 竹本織太夫 氏からビジネスパーソンのための文楽の講演を実演も交えて、鶴澤清四郎氏の三味線の演奏の中、文楽の歴史と魅力についてお話を頂きました。
 交流会では、公益社団法人南納税協会 青年部会副部会長の小儀俊彦様より乾杯のご発声を頂き、竹本織太夫氏と鶴澤清四郎氏を囲んで始終和やかな雰囲気で行われ、消費税に関する税金クイズも行いました。さすが南納税協会の会員の皆さん、問題5問中全問正解の方が過半数を超えました。正解者の中から抽選で、竹本織太夫氏著書のサイン入り「ビジネスパーソンのための文楽のすゝめ」が進呈されました。皆さん満足感たっぷりの楽しい行事となりました。

○令和2年1月29日(水)

南納税協会において、確定申告に向けた「消費税申告説明会(午前)」と「決算及び記帳指導会(午後)」を開催しました。消費税申告説明会では講師に税理士の松尾剣吾氏をお迎えし、軽減税率制度が実施されて初めての消費税確定申告の作成方法について説明を受けました。また、午後からは、辻浩行氏・沼田紳次氏・松下史生氏の3名の税理士による個別指導で日頃の記帳や確定申告に関する具体的な進め方についてじっくりと相談しました。
 当日は会員・一般の方が午前午後併せて32名参加し、その中から数名の方に南納税協会に入会いただきました。

〇令和2年1月28日(火)

南納税協会において、ハートリンク代表 阿部紀子氏を講師にお迎えし、報告・連絡・相談徹底習得セミナーを開催しました。当日は16名が出席し、仕事で評価され生産性を向上させる報連相のスキルアップトレーニングについて、グループワークや実践を交えながら説明をいただきました。「報連相の重要性を再確認出来ました。今後の仕事に役立てていきます。」「報連相の大切さを学ぶことが出来ました。大変分かりやすく為になりました。」等の意見を頂きました。

○令和2年1月27日(月)

南納税協会において、税理士の馬場文明氏を講師にお迎えし、「消費税軽減税率制度に対応した経理・申告の仕方について」を開催しました。
 3種類の税率が混在する複雑な新制度のポイントを押さえ、説例に基づき申告書作成の演習を交えながら、申告書作成上の留意点について学びました。
 参加者からは、「確認するポイントが良くわかりました。」「勉強になりました。ありがとうございました。」等の意見が出ました。

〇令和2年1月24日(金)

大阪府社会福祉会館において、南税務署の担当官を講師として、決算期別説明会の開催に併せ、消費税軽減税率制度説明会を開催しました。
 決算期別説明会(令和元年12月、令和2年1月、2月決算法人を対象)では、法人税申告書、消費税申告書の作成等に当たっての留意事項、源泉所得税の改正事項と納付書の記載、また印紙税について解説がありました。
 引き続き消費税の軽減税率制度の説明会では、昨年10月1日施行された軽減税率制度について、事業者が知っておくべきポイントについて説明がありました。

○令和2年1月19日(日)

国立文楽劇場において開催されている「初春文楽公演」の鑑賞会を実施し、22名参加のもと、新年にふさわしい「七福神宝の入船」をはじめ、「傾城反魂香」「曲輪ぶんしょう」の上演を楽しみました。
 当日は開演前に、竹本織太夫氏から直接、解説をして頂きながら舞台裏見学ができる“南納税協会プレミアム企画”も実施し、実際に人形を動かしたり、普段は見られない劇場の舞台裏などを見学できました。
 また、特製カレンダーや手ぬぐい・メモ帳などの文楽グッズの抽選会も行い、観劇と併せて記憶に残る楽しい一日となりました。

○令和2年1月17日(金)

ホテル日航大阪において、(第一部)東京大学薬学部教授・脳研究者 池谷 裕二 氏による新春講演会『人工知能のもたらす未来〜「人らしさ」とは何か〜』、(第二部)大阪を拠点に全国で活躍中の和太鼓・津軽三味線という日本の伝統楽器を使う和奏ユニット「蓮 風」の和演奏を皮切りにした新年賀詞交歓会を公益社団法人南納税協会・大阪南納税貯蓄組合連合会・南調会・南優法会・南優青会の5団体合同で開催致しました。
 当日は、第一部の講演では、大盛況の会場で、池谷裕二氏から研究の一部をご紹介頂き、脳が陥る錯覚の実例を示されながら、人工知能がもたらす未来の世界について、「人らしさ」とは何かというお話を頂きました。
 また、第二部では、和奏ユニット「蓮 風」の太鼓や笛の生演奏、獅子舞など新年に相応しい艶やかな雰囲気に包まれました。
 新春賀詞交歓会は、南税務署長 鈴木孝雄様のご挨拶、大阪市中央区長 吉村浩様に乾杯のご発声を頂き、始終和やかな雰囲気で行われました。

○令和元年12月18日(水)

南調会の研修会が、稲畑産業株式会社会議室において行われ、南税務署副署長の三宅孝志氏を講師とし、「お酒のはなし」と題しご講演を頂きました。
 酒類総合研究所での経験談を通し、清酒、ワイン、ビール等の銘柄や料理との相性やさらに世界の産地ごとのワインについての説明など興味深いお話をして頂きました。
 その後、意見交換会では、新入会員も参加し、ソムリエからワインの説明も受け、和やかな雰囲気の中、近況報告で盛り上がりました。
 研修会で学んだ料理とワインの相性を味覚で確認しながら、一年の事業活動や会員各社の状況など、大いに語り合い、和やかな中にも大変有意義で充実した研修会となりました。

○令和元年12月17日(火)

南納税協会会議室において、南あすなろ会研修会を開催しました。南税務署副署長 三宅孝志氏をお迎えし、「お酒のはなし」と題しご講演を頂きました。
過去に勤務されていた酒類総合研究所での経験談を通し、日本産種類を巡る最近の動向についてお話頂きました。
 清酒、ワイン、ビール等の銘柄や料理との相性など興味深い話や、普段聞く事の出来ない内容に皆さん熱心に聞き入っていました。
 その後意見交換会へと移り、お互いの近況報告などが活発に行われ、和やかな雰囲気の中大いに情報交換が行なわれました。

○令和元年12月16日(月)

プリンセスミナミ研修会とクリスマスパーティを開催しました。
一般社団法人日本マインドヘルス協会代表理事・税理士の飯田真弓氏から、初級国家公務員(税務職)女子一期生として、26年間国税調査官として税務調査に従事しながら、結婚、出産、在職中に放送大学で心理学を学び、認定心理士としての資格を取得されたお話など様々な体験談をお伺いしました。
 その後、PIZZERIA E TRATTORIA POZZUOLI(ピッツェリアエトラットリア ポッツォーリ)のイタリア雑貨溢れる空間で、本場イタリアの石窯を使った本格ピッツアを味わいながら、和やかで楽しいひと時を過ごしました。

○令和元年12月10日(火)

新入会員歓迎と会員同士の交流を目的とした、青年部会主催によるボーリング大会&交流会を開催しました。当日は、30名を超える参加者が集まる中、南納税協会の会員企業 株式会社ラウンドワンの千日前店にてボーリング大会を行いました。中には久しぶりのボーリングという参加者もいましたが、ボールを投げる度に笑顔が弾け、ストライクが出れば、ハイタッチで喜び合いました。その後は、千房道頓堀ビル店でボーリング大会の優勝者発表と交流会を行い、千房自慢の鉄板料理やお好み焼きに舌鼓を打ちながら、和やかな時間を過ごしました。

○令和元年12月6日(金)・12月13日(金)

南納税協会において、税理士の松尾剣吾氏を講師にお迎えし、消費税実務セミナー実践編T・Uを実施しました。
 2日にわたり、消費税の準備業務や、日常業務における勘定科目別の可否判定等など具体的な事例を織り交ぜながら、新旧税率及び軽減税率が混在する消費税申告業務について、実際に消費税(一般・簡易課税)申告書の書き方をじっくりと学びました。
 参加者から「新書式を先取りした研修会で大変役立ちます。」「この研修で学んだことを実務に生かしたいです。」などのご意見が上がりました。

○令和元年12月4日(水)・9日(月)

大阪バイオメディカル専門学校において、青年部会員が講師を務める租税教室を実施しました。
 各日2コマ計4クラス(各30〜40名)に対し、南税務署担当官の講義と租税教育用DVD放映後、約30分間に渡る講習を行いました。
 初日の4日は植田副部会長(株式会社玉屋)と近藤幹事(株式会社コジマ)、9日は祖父江部会長(さつき株式会社)と橋氏(株式会社Cominix)が登壇し、自社紹介と南納税協会・青年部会の活動紹介に続き、源泉徴収など社会人になった時に関わる税金についての話、税金クイズ等で学生達が興味深く学べるよう工夫を凝らしながら授業を進めました。
 特に、税金クイズでは、身近な消費税から知られざる外国の税金についてなど幅広い視点で出題し、人気の景品獲得を目指して教室は大いに盛り上がりました。

○令和元年12月3日(火)

南優青会が、南納税協会において役員会を開催し、その後、たちばな道頓堀本店で懇親会を行いました。役員会では、確定申告相談会や南納税協会との共催を含めた来年以降の行事等について協議しました。また、懇親会では、1年を振り返りながら、南優青会の今後に向けて有意義な意見交換を行いました。

○令和元年12月3日(火)

南納税協会において、弁護士の酒井尚土氏を講師にお迎えし、民法相続法改正ポイントに係るセミナーを開催しました。
 超高齢化社会を迎える中、平成30年に民法の「相続法」が約40年ぶりに改正されたことに伴い、配偶者居住権の新設や遺留分制度の見直し、自筆証書遺言制度の改正、預貯金の仮払い制度の創設など、知っておきたい重要ポイントについて説明を受けました。参加者からは「大変参考になりました。」「知っているつもりでいたこともお話を聞くことで、また新たに多くのことを学ぶことができて良かったです。」等の意見があがりました。
 また、当日は、南優青会の独自事業として役員が積極的に参加し、知識を深めました。

○令和元年11月28日(木)

南納税協会において、年末調整事務研修会が南税務署の担当官を講師として、午前43人、午後36人と多くの実務担当者の参加を得て開催しました。
  午前は年末調整事務の初心者を対象に、午後は経験者向けと分けてそれぞれの経験・スキル別にきめ細かな解説をいただきました。法定調書作成要領、留意事項についての説明後、設例問題に取り組むなど参加者には実りの多い研修会となりました。

○令和元年11月26日(火)

公益社団法人 南納税協会において、法人部会主催の秋季税務研修会&意見交換会を開催しました。
 講師に南税務署幹部の方をお迎えし、法人会員を対象にお話を頂きました。
  普段聞く事の出来ない税務調査の話や、自主点検チェックシートの活用例をガイドブックに沿って税務調査の観点から具体的に詳しくお話頂きました。
また、印紙税の取扱いや過去のマスコミ記事から国際課税、お酒の話など、税務行政全般にわたり興味深い内容を聞くことができました。 
  研修会終了後、終始和やかな中にも活発に交流を深め時間を忘れるほど楽しい催しとなりました。

○令和元年11月22日(金)

南納税協会において、税理士の清原裕平氏を講師にお迎えし、法人税実務研修Vを開催しました。
 本シリーズ第3回目の今回は、「減価償却資産と繰延資産」をテーマに、減価償却の基本的な考え方や取得価額、耐用年数、特別償却に加え、会計上と税法独自の繰延資産等について相談事例も交えながら学びました。
 参加者からは、「とても勉強になりました。資料の資本的支出と修繕費のチャート図などは今後の参考として役立ちます。」「コンパクトに各テーマを解説頂き、わかりやすかったです。」等の意見が出ました。

○令和元年11月21日(木)

南納税協会において、記帳説明会(午前)と記帳指導会(午後)を実施しました。
 記帳説明会では、税理士の松尾剣吾氏から確定申告書作成に向けた記帳の仕方や青色申告・消費税の軽減税率等についてお聞きしました。また、午後からは個別の指導会を開催し、税理士の長谷川卓也氏と藤本英美氏から帳簿の付け方や日頃の記帳の疑問点、消費税の申告書作成等について指導を頂きました。

○令和元年11月20日(水)

南納税協会において、税理士の馬場文明氏を講師にお迎えし、「消費税軽減税率制度に対応した経理・申告準備について」を開催しました。
 導入後3種類の税率が混在する複雑な新制度のポイントを押さえ、説例に基づき申告書作成の演習を交えながら、申告書作成上の留意点について学びました。
 参加者からは、「作成手順を見直しながら復習できるので参考になります。」「わかりやすく役に立ちます。」等の意見が出ました。

○令和元年11月19日(火)

納税協会連合会青年部会連絡協議会主催の第12回「青年の集い」奈良大会が開催され、近畿2府4県の納税協会から800名以上の青年部会員が集まりました。
 第一部の大会式典に続き、租税教育活動の発表が地域ブロックごとに担当協会から行われた後、DMG森精機株式会社取締役社長の森雅彦氏から「生産財メーカーからみた2030年の世界の製造業」と題した講演を頂きました。森社長の講演から、確かな技術に裏打ちされた国際的戦略と人材育成の大切さを学ぶことができました。その後の意見交換会では、奈良名物「高速餅つき」も披露され、会場は大いに盛り上がりました。
 また、当日は、南納税協会青年部会と南あすなろ会が現地奈良で合同研修会を併せて行い、日頃の事業活動について語り合うなど、有意義な時間を過ごしました。

○令和元年11月18日(月)

アークホテル大阪心斎橋において、南税務署・南納税協会・大阪南納税貯蓄組合連合会の共催による令和元年度納税表彰式を挙行しました。
 当日は、多数ご来賓のご臨席を頂く中、永年に渡り納税道義の高揚や税務行政の運営にご協力を頂いた方々が表彰並びに感謝状を受けられました。
 また、表彰式に続いて、中学生の「税についての作文」で納税貯蓄組合大阪府総連合会会長賞を受賞された上町中学校3年生の生徒さんがご自身の受賞作品を朗読されました。

○令和元年11月15日(金)

年末調整説明会の前後に、南税務署の担当官を講師として、消費税軽減税率制度説明会を開催しました。令和元年10月1日から消費税の軽減税率制度が実施されていますが、事業者の方に知っておいていただきたいポイントについて説明がありました。

○令和元年11月15日(金)

大阪市中央区民センターホールにおいて、年末調整説明会が南税務署他の担当官を講師として、多数の方に参加頂き開催しました。年末調整のしかた、法定調書作成要領のDVD上映の後、年末調整、法定調書等の留意事項についての説明がありました。

○令和元年11月12日(火)

南納税協会会議室において、テレビ・ラジオ等でも幅広く活躍中のフリーアナウンサー 沢田尚子氏を講師にお迎えし、「センスアップトークセミナー 〜知ってて当然 敬語の使い方〜」を開催しました。
 永年アナウンサーとして現場で培ってきたアナウンス技術と、一般企業向けセミナーで培われた経験豊かな講師から、丁寧語、美化語、尊敬語、謙譲語等、上司や得意先への正しい敬語の使い方を学びました。
 「尊敬語、謙譲語などの今さら聞けないようなことをしっかり学ぶことができました。」「普段使っている言葉が、二重敬語、三重敬語になっていることに気づきました。今後正しい使い方をしたいと思いました。」などの感想があがりました。

○令和元年11月11日(月)

山本能楽堂において、狂言鑑賞講座を開催しました。講師の大蔵流狂言師・茂山千之丞氏から、狂言の“いろは”や楽しみ方・現代狂言などについて、ユーモアを交えながら解説を頂きました。
 また、後半部分では、狂言の舞台を鑑賞し、時代を超えた深みのある笑いの世界を堪能しました。
 初めて狂言に触れた参加者の方からも、「解説も含めて、とても楽しい時間を過ごすことができました。狂言を見たくなりました。」等の感想があがりました。

○令和元年11月8日(金)

税を考える週間の行事として、青年部会と南税務署幹部による座談会を開催しました。テーマに、「消費税の軽減税率導入に伴う対応」や「重加算税」、「課税の公平性」などを設け、青年部会員から具体的な税制上の提案が上がるなど活発な議論を交わしました。
 続いて、青年部会の重点事業の1つである「租税教室」に向けた講師研修を行い、南税務署の担当官から、「もしもこの世から税金が無くなったら・・・」という内容の教育用DVDや税金クイズなどを教材に用いながら説明を受け、今後開催予定の租税教室実施に備えました。

○令和元年11月7日(木)

大阪府社会福祉会館において、大阪歴史博物館研究主幹の松尾信裕氏を講師にお迎えし、「大坂の町の成り立ち −今も残る秀吉の町−」と題しご講演頂きました。
 NHKブラタモリにも出演されておられる講師から、豊臣政権の中心的都市大坂船場の町の建設についてや、商工業が盛んになった経緯など歴史ロマン溢れるお話を頂き、歴史好きにはたまらない時間となりました。
 参加者からは、「改めて大阪の地の歴史に触れる機会となり満足です。」「大坂の町の成り立ちと豊臣秀吉時代の大坂の変化が良く分かり大変勉強になりました。」等の感想を頂きました。

○令和元年11月7日(木)

大阪府社会福祉会館において、弁護士の五島洋氏を講師にお迎えし、「中小企業の事業承継 〜後継者がいない場合のM&A〜」と題しご講演頂きました。
 中小企業における事業承継には親族内あるいは役員・従業員への承継(内部承継)とM&A(外部承継)の二つの道があり、それぞれの承継方法と注意点について簡潔かつ明解に説明頂きました。
「大変分かりやすく、よく理解出来ました。また資料が端的で読みやすかったです。」「後継者の問題は深刻ですが、具体例が豊富で非常に分かりやすく勉強になりました。」等の感想を頂きました。

○令和元年11月6日(水)

南納税協会会議室において、源泉所得税実務セミナーを実施いたしました。講師に税理士の柴田 栄氏をお迎えし、源泉所得税実務の経験者の方を対象に、源泉徴収事務の実務上の留意点、誤りやすい事例などを説明した上、年末調整事務における本年度の注意点等について、実例による演習を交えながらわかりやすく学びました。
 「これから年末調整業務を行う時期になるので今回学んだことをいかしていきたいと思います。」「わかりやすい説明で理解が深まりました。」等のご感想を頂きました。

○令和元年10月30日(水)

南納税協会において、本年4月に登壇頂き大好評だった税理士の金井恵美子氏を講師にお迎えし、消費税軽減税率導入後の実務対策セミナーを開催しました。 当日は22名が出席し、消費税の軽減税率に対応した実務処理、申告準備事務まで幅広く解説を頂きました。金井講師の解説は、豊富な知識と説得力を基に、軽減税率導入後の疑問点を一つ一つ解きほぐしながら進められ、参加者一同が集中して聴き入ることができる内容でした。
 セミナー終了後の質疑応答にも丁寧に対応して頂きました。参加者からは「要点を押さえた説明は大変分かりやすく、大変内容のある3時間でした。」「話のテンポが良くとても素晴らしい時間でした。また参加したいです。」等の意見を頂きました。

○令和元年10月27日(日)

南納税協会青年部会主催・南税務署後援による「なにわリバークルーズ 〜船に乗って街と税金を考えよう!〜」を開催しました。
 当日は爽やかな秋晴れのもと、南税務署長 鈴木孝雄氏より開会の挨拶があり、小学生22名を含む総勢56名がクルーズ船2隻に乗り込み、木津川〜堂島川〜東横堀川〜道頓堀川を一周しました。
 船内では、祖父江青年部会長(きらり号)・井青年部会副部会長(ほたる号)のあいさつに始まり、落語家 桂三ノ助氏(きらり号)・笑福亭喬若氏(ほたる号)の軽妙な語り口で大阪の名所案内や水門・道頓堀の橋・地下鉄にまつわる小噺などを聞きながら、普段とは一味違った船から眺める大阪の風景を満喫しました。
 また、青年部会員の小儀俊彦氏(きらり号)と酒井尚土氏(ほたる号)による『税金クイズショー』では、大阪の街や施設にちなんだ身近なテーマで子供も大人も楽しみながら税を学び、大いに盛り上がった笑顔溢れる一日となりました。

○令和元年10月24日(木)

大阪市中央区民センターホールにおいて、改正法人税法等説明会を南税務署の担当官を講師として、数多くの方に参加頂いて開催しました。
 法人税法改正内容、消費税法改正内容等についての解説がありました。
 引続き、10月1日より開始された、国民すべての方が関心の高い消費税軽減税率制度についてパワーポイントにより説明がありました。

○令和元年10月20日(日)

なにわの宮跡公園において開催された、『第31回中央区民まつり』に参加致しました。
 『税となかよしになろう!!』をメインテーマに税金クイズコーナーを来場者の方々に楽しんで頂きながら税について学んでいただきました。
 公益社団法人南納税協会青年部会、大阪南納税貯蓄組合連合会の役員、南税務署職員から、税務広報パンフレットや納税協会のPRパンフレット等を配布しました。

○令和元年10月18日(金)

南納税協会において、税理士の馬場文明氏を講師にお迎えし、「消費税軽減税率導入後の経理処理&申告準備事務」を開催しました。
 10月からスタートした軽減税率制度について、仕入税額控除と消費税の税額計算や中小事業者の特例など、経理担当の方が日々の業務に活かせる実務に沿った内容で講義が進められました。
 参加者からは、「具体例とポイントを押さえた説明で、とても分かりやすかったです。」「軽減税率がスタートしてからの経理処理について、正しく行えていたか、確認も併せて学ぶことができて良かったです。」等の意見が出ました。

○令和元年10月16日(水)

南納税協会において、税理士の岡本武久氏を講師にお迎えし、資産税セミナーT「相続・贈与にかかる税制 ここが変わる!」を開催しました。
 個人事業者の事業承継に対する支援策としての@相続税・納税猶予制度、A特定事業用宅地等に係る小規模宅地等についての相続税の課税価格の計算の特例の対象範囲の見直し、さらには、民法(相続関係)の改正による配偶者居住権の新設について、気を付けておくべきポイントを交えながら詳しく説明がありました。
 参加者からは、「改正前後の比較がわかりやすくよく理解できた。」「初心者にもわかりやすくお話していただき、理解が深まりました。」等の意見があがりました。

○令和元年10月9日(水)、10日(木)、17日(木)

南納税協会において、アクト経営会計事務所所長の中島崇氏を講師にお迎えし、「法人税申告書作成セミナーT・U・V」を開催しました。
 法人税の基礎的な理解から申告書作成の手順、実際の申告書作成の実践も交えながら、法人税申告書を実際に作成できるところまで体系的に学びました。
 参加者からは、「重要な点と、そうでない点を的確に教えて下さり、大変分かりやすかったです。」「初心者にも取り組みやすいように内容を工夫して頂いていたので、理解しやすかった。今後も資料を読み直して学習を続けたいと思います。」等の意見があがりました。

○令和元年10月8日(火)

南納税協会において、クチコミ・リピート集客&販促の専門家、レフズの太田順孝氏を講師にお迎えし「SNSでクチコミ・リピートを増やす技術セミナー」を開催しました。
 まず、クチコミ・リピートの増やし方考え方と成功事例についてお話頂き、後半は公開相談による、その場で参加者の悩み等、個別相談に応じて頂きました。
 「一つ一つ丁寧に対応されていて、とても分かりやすく勉強になりました。」「公開相談は具体例があり分かりやすかったです。」等の感想があがりました。

○令和元年10月3日(木)

南納税協会において、南税務署の担当官を講師として、決算期別説明会と消費税軽減税率制度説明会を開催しました。
 決算期別説明会(令和元年9月、10月、11月決算法人を対象)においては、法人税申告書、消費税申告書の作成等に当たっての留意事項、源泉所得税の改正事項と納付書の記載、また印紙税について説明をいたしました。
 続いて、令和元年10月1日から消費税の軽減税率制度が実施されていますが、事業者の方に知っておいていただきたいポイントについて説明をいたしました。

○令和元年9月30日(月)

大阪府社会福祉会館において、大阪南納税貯蓄組合連合会と南納税協会個人申告部会による役員合同会議を開催しました。
 当日は、令和元年度の確定申告に向けた記帳・決算指導や南納税協会の事業活性化と会員の加入拡大等について協議しました。

○令和元年9月26日(木)

南納税協会大会議室において、正副会長会に続き、公益社団法人南納税協会令和元年度第2回理事会を開催しました。
 理事会は、南税務署署長 鈴木孝雄様をはじめ幹部の皆様をお招きし、理事及び監事の39名にて、10月から新年にかけて実施予定の各種事業に係る議案が審議され、原案どおり承認可決されました。

○令和元年9月20日(金)

ホテル日航大阪において、南調会の定時総会を開催しました。事業報告、事業計画等について審議の結果、全ての議案が承認可決されました。
 総会では、任期満了に伴う役員改選が行われ、稲畑会長から呉服会長にバトンが引き継がれました。
 続いて、大阪国税局調査第一部長の沖田政人氏をお迎えし「税法の解釈について」と題しご講演を頂きました。難解な税法について、法令解釈や事実認定について具体的に事例を上げてわかりやすくお話頂きました。
 また、講演会終了後、和やかに意見交換会が行われました。また、新入会3社の自社紹介も和やかに行われ、大阪を代表する各社の発表に会場が一段と華やかになりましたました。

○令和元年9月19日(木)

南納税協会3F大会議室において、キャッシュレス対応セミナーを開催いたしました。
 講師に 特定非営利活動法人ヒューリット経営研究所理事川野太氏をお迎えし、キャッシュレスの基本から、最近の動向、様々な選択肢ごとのメリットやデメリット、キャッシュレス決済導入時の注意点などを実際の例を交えながら学びました。
 「メリット、デメリット、インバウンドの人たちのことなど現状を知ることができ、導入について考えていきたい。」「キャッシュレス決済はわからず不安でしたが、今回のセミナーでわかりやすく理解できました。」等の感想を頂きました。

○令和元年9月19日(木)

南納税協会において、南税務署の担当官を講師として消費税軽減税率制度説明会(2回)を開催しました。
 消費税の軽減税率制度の説明会では、本年10月1日施行に向けて、事業者が知っておくべきポイントについて説明がありました。

○令和元年9月18日(水)

南税務署会議室において、大阪南納税貯蓄組合連合会青年部・女性部役員の協力の下、「中学生の税についての作文審査会」を実施しました。
 本年は南税務署管内の中学3年生から昨年を大きく上回る129点の応募を頂き、その中から優秀作品を選考しました。いずれも力作ぞろいで選考するのが至難の業でした。

○令和元年9月13日(金)

南納税協会会議室において、税理士の清原裕平氏を講師にお迎えし、法人税実務研修Uを開催しました。
 本シリーズ第2回目の今回は、「租税公課と税額計算・税額控除」をテーマに、会社の利益と法人税の課税所得との関係や法人税額の計算等について、その他、減価償却・役員給与・保険料を含む相談事例を交えながら学びました。
 参加者からは、「経験談なども聞けて、大変良かったです。」「要点となるエッセンスをわかりやすく講義して頂いたので、ポイントがつかみやすかったです。」等の意見があがりました。

○令和元年9月13日(金)

南納税協会において、南税務署の担当官を講師として消費税軽減税率制度説明会(2回)を開催しました。
 消費税の軽減税率制度の説明会では、本年10月1日施行に向けて、事業者が知っておくべきポイントについて説明がありました。

○令和元年9月12日(木)

南納税協会において、法人部会役員全体会議を開催しました。
 法人部会の組織活性化を目的に、11月に税務署幹部を講師にお招きし、秋季税務研修会を開催すること、また令和元年度における南納税協会の最重点課題である会員拡大について、役員全員による例年同様の個別加入勧奨を積極的に取り組むことが確認されました。

○令和元年9月9日(月)

鳥よし本店において、青年部会と南あすなろ会の合同講演会を開催しました。講師には、南税務署の加藤副署長をお迎えし、「税務と司法」と題して、以前勤務していた裁判所調査官の仕事や租税における罰則規定などについて、これまでの経験談を交えながらお話を頂きました。
 また、講演会後には、名刺交換会と意見交換会を行い、いつもながら会場が熱気に包まれ、時間を忘れるほどの楽しい催しとなりました。

○令和元年9月5日(木)

大成閣において、南優青会の総会を開催し、平成30年度事業報告・決算報告と令和元年度事業計画・予算案について審議され、いずれも満場一致で承認されました。
 総会に続く講演会では、南税務署の福田個人課税第1統括官から「いよいよ始まる軽減税率制度」と題して本年10月スタートの軽減税率について解説を頂きました。その後、意見交換会を行い、会員同士の交流を深めながら、盛会裏に終了となりました。

○令和元年8月21日(水)〜令和元年9月25日(水)

南納税協会3F大会議室において、「今年もみなみ De え〜かいわ!」英会話教室を開催いたしました。講師に米国在住期間中、ハーバード大学などで勤務されていた石田厚子氏をお迎えし、アットホームな雰囲気の中、楽しく英会話を学びました。
 6日間開催し、延べ55名が参加し、「とても楽しく学べました。学校で学んだこととは違う実用の英語を教えて頂き驚くこともあり、おもしろかったです!!」「とてもわかりやすく、質問もできてリラックスして勉強できた。」等の感想を頂きました。

○令和元年8月27日(火)

南納税協会において、南税務署の担当官を講師として消費税軽減税率制度説明会(2回)を開催しました。説明会では、本年10月1日施行に向けて、事業者が知っておくべきポイントについて説明がありました。

○令和元年8月27日(火)

 南納税協会会議室において、社会保険労務士・税理士・中小企業診断士の中嶋崇氏を講師にお迎えし、「人材マネジメントセミナー」を開催しました。
 働き方改革に対応した生産性向上をテーマに、人事制度や教育研修を通じた社員の意識向上やスキルアップ、そして生産性向上に活かせる助成金のポイントなどについても解説を受けました。
 参加者からは、「とてもわかりやすかったです。」「働き方改革の方向性について、よく理解できました。また、
助成金の活用方法も参考になりました。」等の感想があがりました。

○令和元年8月23日(金)

ホテル日航大阪において、南優法会の第50回通常総会を開催しました。事業報告、事業計画等について審議の結果、承認可決されました。
 また任期満了に伴う役員の改正が行われました。総会に引き続き、優良法人表敬披露会が開催され、12社の代表者の方が会長より記念品を受け取られました。
 続いて、講演会を開催し、南税務署長の鈴木孝雄様から「査察事務について」と題し、ご講演頂きました。その後、意見交換会が和やかに行われました。

○令和元年8月22日(木)

南納税協会会議室において、税理士の松尾剣吾氏を講師にお迎えし、消費税入門セミナーを開催しました。
 当日は45名が出席し、消費税の軽減税率導入が迫ることもあって、会場はほぼ満席の盛況でした。
 セミナーの内容では、課税・非課税・不課税・免税の区分や納税義務免除、簡易課税、課税期間の短縮等、消費税の基礎的な仕組みを解説頂きました。
 参加者からは「法人税とは異なる消費税のしくみがイメージできて、とても勉強になりました。」「消費税の基礎的な考え方がわかりやすく、よく理解できました。」等の意見を頂きました。

○令和元年8月20日(火)

南納税協会において、南税務署の担当官を講師として消費税軽減税率制度説明会を開催しました。
 本年10月1日施行に向けて、事業者が知っておくべきポイントについて説明がありました。

○令和元年8月5日(月)

 公益社団法人南納税協会・大阪南納税貯蓄組合連合会の合同講演会を、91名の役員の出席のもと、大成閣にて開催しました。
 南税務署長の鈴木孝雄様をお招きし、「税務相談室の概要について」と題しご講演をいただきました。また、法人課税第1部門統括官の藤田康成様より、消費税軽減税率制度に関する説明がありました。
 また、意見交換会を南税務署副署長の加藤浩様のご挨拶、乾杯のご発声により和やかに開催致しました。

○令和元年8月2日(金)

南納税協会において、南税務署の担当官を講師として消費税軽減税率制度説明会(2回)を開催しました。
 説明会では、本年10月1日施行に向けて、事業者が知っておくべきポイントについて説明がありました。

○令和元年8月2日(金)

南納税協会において、税理士の沖祐治氏を講師にお迎えし、決算書の見方読み方セミナーを開催しました。
 セミナーでは、貸借対照表と損益計算書の構造から、財務分析する際にチェックすべきポイントについて解説頂きました。
 参加者からは、「B/S、P/L、C/Fについて丁寧に説明して頂き大変分かりやすかったです。」「初心者にも分かりやすく、大変勉強になりました。」等の意見を頂きました。

○令和元年7月10日(水)〜8月7日(水)

南納税協会会議室において、税理士の谷孝浩氏を講師にお迎えして、7月10日から8月7日までの間、簿記教室(全5回)を開催しました。
 実務で活かせる簿記の基本について、仕訳の仕方や帳簿の付け方・決算手続きまで、練習問題を交えながらじっくりと学びました。
 参加者からは「先生のお話がすごくわかりやすく楽しい時間でした。今回で終わりではなく、まだ教室が続けば良いのになあ、と思いました。」「全く初めて簿記に触れましたが、わかりやすかったですし、仕組みがよく理解できました。簿記は繰り返しの学習が必要であるということにも気付けました。」等の意見が出ました。

○令和元年7月30日(火)

青年部会の懇親会を、FUJIMARU東心斎橋店において開催しました。
 店内の種類豊富なワインセラーからソムリエがセレクトした赤・白・ロゼ・オレンジなどのワインとワインに合う食事を楽しみながら12名の参加者が交流を深め、今後の青年部会の運営についても活発に協議しました。

○令和元年7月26日(金)

南納税協会において、決算期別説明会と消費税軽減税率制度説明会を開催しました。
 最初に、税務署の担当官を講師として、決算期別説明会(令和元年度6月、7月、8月決算法人を対象)を開催しました。法人税申告書、消費税申告書の作成等に当たっての留意事項について説明会を実施いたしました。 
 引き続き南税務署の担当官を講師として、消費税軽減税率制度説明会を開催し、令和元年10月1日から消費税の軽減税率制度が実施されますが、事業者の方に知っておいていただきたいポイントについて説明がされました。

○令和元年7月22日(月)

南納税協会会議室において、日本人財研究所の五十棲恵子氏を講師にお迎えし、ビジネス文書&メール作成セミナーを開催しました。
 ビジネスの場面で必須となる正しい文書の作り方とメールの仕方・注意点について、グループワークを交えながら基礎からじっくりと学びました。
 参加者からは「今まで自己流で迷いながら文書を作っていたが、正しい作成の仕方がよく理解できた。」「今回受講し、ビジネススキルが上がったと思います。これからの業務にも自信を持って活かしていきたい。」等の意見が出ました。

○令和元年7月12日(金)

南納税協会会議室において、日本人財研究所の山ア民恵氏を講師にお迎えし、プレゼンテーション研修を開催しました。
 あらゆるビジネスシーンで活用するプレゼンテーションスキルを@基本構成、A説明スキル、Bアクションの3要素のポイントを理論と演習で学習し、学んだスキルをその場で活用してプレゼンテーションの実践を行いました。
 参加者からは「今回の研修を機にプレゼンすることを好きになっていきたいと思いました。実習は良かった。」「発表の機会の多い研修でしたが、すべてに的確なアドバイスがあり、自分の発表以外の時間も大変勉強になりました。」等の感想があがりました。

○令和元年7月9日(火)

南納税協会会議室において、中小企業診断士・税理士の中嶋崇氏を講師にお迎えし、マーケティングセミナーを開催しました。
 まず、集客を増やして販売戦略を成功させるための「マーケティング理論」について基礎から説明を受けた後、成功事例を参考に競争時代を勝ち抜くポイント・留意点を学びました。
 参加者からは「理論だけでなく、実践の大切さを再認識しました。」等の感想があがりました。

○令和元年7月5日(金)

南納税協会会議室において、税理士の清原裕平氏を講師にお迎えし、法人税実務研修Tを開催しました。
 本年シリーズ第1回目の今回は、「役員給与と有価証券」をテーマに、役員の範囲や役員に対する報酬、賞与、退職給与等の税法上の基本的な考え方と有価証券の区分、譲渡損益の計算や評価損益の計上などにスポットを当て、実際の相談事例も交えながら学びました。
 参加者からは、「いつも参加していますが、今回もリアルタイムで知りたかった情報を得ることができ大変有意義でした。」「ポイントを押さえて講義を進めて下さるので、わかりやすかった。」等の感想があがりました。

○令和元年7月3日(水)

南納税協会において、特定社会保険労務士の辻真吾氏を講師にお迎えし、ハラスメント防止研修を開催しました。
 当日は12名が出席し、セクハラ・パワハラを生まない職場づくりの基礎知識に加え、ハラスメントは雇用管理上の問題であり、予防が大切であるという観点からその対策について学びました。
 参加者からは「最近の事例を紹介して頂きながらの内容で勉強になりました。」「大変分かりやすく身近な問題なのでいざという時の参考にしたいと思いました。」等の感想があがりました。

○平成31年4月〜令和元年6月

南納税協会設立70周年企画として、大阪城公園内に新設されたCOOL JAPAN PARK OSAKA WWホールにおいてKEREN観賞を開催しました。
 ホテルニューオータニ大阪でのランチ付観賞会を併せて開催しました。
 ランチコース付き鑑賞会の参加者は、優雅なランチのひと時を過ごしていただき、その後KEREN鑑賞においては、世界最高峰のデジタルアート、伝統的な歌舞伎の仕掛け、ブロードウェイの振り付けによるダンスなど、海外でも評価されるタップダンスや殺陣を圧倒的なスピード感と没入感で駆け抜けるオリジナルレビューを楽しんで頂きました。
 南納税協会設立70周年にふさわしいパフォーマンスショーで、「とても美味しいランチを頂いた後に素晴らしい公演を観ることが出来ました。充実した楽しい一日を過ごすことができ堪能しました。」等の感想をいただきました。

○令和元年6月27日(木)

南納税協会会議室において、中小企業経営者専門プロ・コーチの香西拓也氏と相続・事業承継コンサルタントの古賀大輔氏を講師にお迎えし、セミナー「コーチングによる職場環境づくり 〜事業承継問題解決のための〜」を開催しました。
 ダブル講師による“経営”と“財産”両輪のお話で、まず2名の講師の掛け合い形式での講義から始まり、続いて、古賀氏の“事業承継”、香西氏の“コーチング”についてさらに詳しく説明を受けました。
 参加者からは、「事業承継について深く考えたことがなかったですが、2つの側面からアプローチして下さり、本当によくわかりました。」「今、最も気になっているお話が聞けたので、良かったです。」等の意見が出ました。

○令和元年6月21日(金)

プリンセスミナミによる「Summer Seminar & Party」をたちばな道頓堀大阪松竹座店で開催しました。
 当日は会員22名参加のもと、プリンセスミナミ会員で有限会社リンクコーポレーション代表取締役の牧香代子氏から、ウラなんばの誕生秘話や地域・企業との連携によるミナミの活性化、インバウンドを背景にした情報発信、そして今後なんばをどのようにしていきたいかなど、ミナミへの愛情たっぷりのお話を頂きました。
 続くSummer Partyでは、和やかな雰囲気の中、仕事や日頃関心のあることなど様々な話題について、時の経つのも忘れるほど和気あいあいと語り合えた充実したひと時となりました。

○令和元年6月18日(火)

南納税協会会議室において、人材開発コンサルタントのハートリンク代表 阿部紀子氏を講師にお迎えし、「若手社員スキルアップセミナー」を開催しました。
 自立(自律)し、課題解決・目標達成をする力をつけるためには、何をすれば良いか、仕事をする上で大切な4つのスキルを学びました。
 参加者からは「他社の若手社員とグループ討議をすることで、リフレッシュができ、活力が蘇りました。」、「自分がいかに上司や同僚にまかせていたかがわかりました。どこを改善したらいいのかも自分を見つめなおすいい機会になったのではないかと思いました。」「ディスカッション形式で周りの同世代の方と意見交換ができて、いろいろな考えがあると実感できました。」「改めて自分と向き合う良い機会でした。」等の意見があがり、有意義かつ楽しいセミナーとなりました。

○令和元年6月17日(月)

アークホテル大阪心斎橋において、法人部会役員全体会議が行われ、加入勧奨の結果報告等がありました。
 続いて福祉制度推進協議会の後、弁護士の永井秀人氏より「知財の紛争と活用〜有名ドラマや実例に学ぶ戦い方〜」、続いて大阪国税不服審判所所長の川畑正文氏より「設立50周年を迎える国税不服審判所の現状」と題してご講演頂きました。
 永井弁護士から有名ドラマをモデルに実例も踏まえながら興味深く又、分かりやすく説明頂きました。大阪国税不服審判所所長からは、普段あまりなじみのない国税不服審判所の組織と不服申立制度について分かりやすく丁寧にご説明頂きました。
 引続いて新規会員交流会が賑やかに行われ、名刺交換の後、10社12名の方の個性豊かな自社紹介で盛り上がり、和やかな中にも大変活発で有意義な会となりました。新入会員の皆様、これからもよろしくお願いいたします。

○令和元年6月16日(日)・18日(火)

国立文楽劇場において、文楽鑑賞教室を実施しました。
 両日ともに各12名が参加し、文楽の三大名作の一つである「菅原伝授手習鑑」を鑑賞しました。
 また、出演者が実演を交えながら文楽の魅力を紹介する「解説」も行われ、初めての方でも気軽に伝統芸能に触れられる充実した催しとなりました。

○令和元年6月13日(木)

南納税協会会議室において、社会保険労務士の中嶋崇氏を講師にお迎えし、助成金活用のポイントセミナーを開催しました。
 中小企業が利用しやすい雇用保険関係の助成金について、適用要件・支給額・手続きスケジュール等を具体的なポイントと併せて学びました。
 参加者からは「今回のセミナーで、色々な助成金の制度があることがわかりました。」「これまで知らなかった助成金の制度を具体的に知ることができ、今後の参考となりました。」等の感想があがりました。

○令和元年6月12日(水)

ホテル日航大阪において、代議員・理事参加のもとに南納税協会総会、理事会を開催しました。
 当日は、南税務署署長の壷見晴彦様をはじめ多数の御来賓をお迎えし、平成30年度事業報告及び収支決算について審議し、いずれも承認を得ました。
 引き続き、がんこフードサービス株式会社 代表取締役会長 小嶋淳司 様をお迎えして「食の商いを通じて学んだこと」と題して公益社団法人南納税協会の設立70周年の記念講演会を実施致しました。
 満員の会場において、がんこ寿司を大企業へと成長させた小嶋会長の和食に対する熱い思いと関西、ミナミに対する愛情たっぷりの御馳走話を頂きました。
 その後、70周年記念Concertでは、アベマリア、アメイジンググレイスなど誰もが知る有名な楽曲をピアノ、バイオリンの生演奏の中、ソプラノ歌手 増田いずみ様の透き通った素晴らしい歌声に会場が酔いしれました。
 祝賀会では、大阪市中央区長 吉村浩様のご挨拶、南税務署副署長 亀山知資様に乾杯のご発声を頂き、講師の小嶋様やソプラノ歌手 増田いずみ様も参加いただき、会場は、70周年を飾るにふさわしく、会員同士の会話に花が咲き、熱気に包まれた雰囲気の中、時間の経つのも忘れるほど盛り上がりました。

○令和元年6月11日(火)

南納税協会会議室において、税理士の松尾剣吾氏を講師にお迎えし、初めての法人税入門セミナーを開催しました。
 法人税の基礎知識や計算方法・決算から申告書の書き方等について説明を受け、参加者からは「基本から詳しく教えて頂き、大変わかりやすかったです。」「申告書作成の流れを知ることができ、決算書とのつながりやチェックポイントなども理解することができました。」等の感想が出ました。

○令和元年6月7日(金)

源泉徴収事務研修会に引き続き、南税務署の担当官を講師として、消費税軽減税率制度説明会を開催しました。
 令和元年10月1日から消費税の軽減税率制度が実施されますが、事業者の方に知っておいていただきたいポイントについて説明がされました。

○令和元年6月7日(金)

南納税協会会議室において、南税務署の担当官を講師として源泉徴収事務研修会を開催しました。
 新任の源泉徴収事務担当者を対象に、給与、賞与についての税額計算の実務をはじめ、源泉徴収の実務面の取扱いの説明を受けました。
 また、設例問題に取り組むなど、参加者には実りの多い研修会となりました。
 参加者からは「ゆっくり丁寧に説明して頂き分かりやすかった。」「実際に問題を解いたり、実務に役立つ内容でよかった。」との感想があがりました。

○令和元年6月6日(木)

太閤園において、大阪市内19協会青年部会による合同講演会・意見交換会を開催し、南納税協会からは19名の青年部会員が参加しました。
 講演会では、講師の長谷川幸洋氏 (フリージャーナリスト)から、「激動する世界〜日本の針路を考える〜」と題し、国際情勢を踏まえながら日本の歩むべき方向性について独自の鋭い視点でお話頂きました。
 また、講演会に続いて行われた意見交換会では、市内の青年部会員が地域の垣根を越えた活発な異業種交流を行い、親睦を深めました。

○令和元年6月5日(水)

青年部会と南あすなろ会が、有馬ロイヤルゴルフクラブで合同ゴルフコンペを開催しました。当日は、参加者16名がプレーを楽しむとともに、懇親会で日頃の事業活動などについて和やかに意見交換を行いました。

○令和元年6月4日(火)

南納税協会において、メンタルアップマネージャ認定講師の五十棲恵子氏を講師にお迎えし、人気のメンタルアップマネージャ初級講座を開催しました。
 当日は22名が出席し、ワークショップ型研修で、人間関係構築のための使えるスキルを学びました。
 参加者からは「相手との関わり方などや話し方など楽しく勉強することが出来、毎日の仕事に役立てたいと思いました。」「SPトランプを使って自己分析をすると同時にコミュニケーションの大切さを実感することが出来た興味深い研修でした。」等の意見を頂き、有意義かつ楽しいセミナーとなりました。

○令和元年6月3日(月)

ホテル日航大阪において大阪南納税貯蓄組合連合会の定例総会を開催し、平成30年度事業報告をはじめとする各議案について審議の後、いずれも可決承認されました。
 また、総会に続いて、南納税協会個人申告部会と合同で税務指導協議会を行い、平成30年度確定申告相談会の実施結果や会員数の推移等について協議しました。

○令和元年5月24日(金)

南優青会が19名参加のもとに研修見学会を開催し、琵琶湖方面をバスで訪問しました。
 最初に訪れた「琵琶湖博物館」では、琵琶湖と生物・人々とのつながりをテーマに、化石の標本や水族展示など趣向を凝らしたコレクションから自然環境・歴史・暮らしについて幅広く学びました。
 その後、琵琶湖客船「ミシガン」に乗船し、昼食と懇親会を兼ねた琵琶湖クルーズを行い、爽やかな風を感じながら親睦を深めました。
 当日は、画家としても活躍されている前南税務署長の佐々木 民弥氏を講師にお迎えし、訪問先の滋賀・琵琶湖にちなんだ税に関する講演とクイズで華を添えて頂き、学び多き充実した一日となりました。

○令和元年5月23日(木)

南納税協会において、南あすなろ会総会を開催しました。
 まず南税務署法人課税第1統括官木村信三様をお迎えし、「国際課税の現状」と題しご講演を頂きました。国際戦略トータルプランや国境を越えた役務の提供に係る消費税についてお話頂きました。
 引続き総会を執り行い、平成30年事業報告・収支決算並びに平成31年度事業計画・収支予算について審議され承認可決されました。また、役員改選も行い、逢阪会長から市田会長へとバトンが引き継がれました。
 総会終了後の意見交換会では、お互いの近況報告などが活発に行われ、和やかな雰囲気の中大いに情報交換が行なわれました。

○令和元年5月22日(水)

南納税協会3階会議室において、株式会社BCPJAPANの代表取締役 山口 泰信氏を講師にお迎えし、「中小企業のためのBCP(事業継続計画)セミナー」を開催しました。
 地震や台風・洪水などの自然災害等に対して、現実的な準備等の具体策をお話頂き、参加者からは「ご自身の経験からの話は説得力がありました。」「今後の対策として何が必要か、参考になること が多かったです。」等の意見があがりました。

○令和元年5月21日(火)

南納税協会会議室において、特定社会保険労務士の辻真吾氏を講師にお迎えし、「よくわかる労働保険・社会保険の実務」を開催しました。
 労働保険・社会保険の中でも、“年度更新”と“算定基礎届”を中心に具体的な実例を交えながら説明を受け、参加者からは「実務の基礎的な部分も教えて頂き、参考になる内容でした。」「大変わかりやすく、今後の実務に役立てたいです。」等の意見が出ました。

○令和元年5月21日(火)

労働保険・社会保険の実務セミナーに引き続き、南税務署の担当官を講師として、消費税軽減税率制度説明会を開催しました。
 平成31年10月1日から消費税の軽減税率制度が実施されますが、事業者の方に知っておいていただきたいポイントについて説明がされました。

○令和元年5月17日(金)

南納税協会会議室において、法人部会主催の春季税務研修会&意見交換会を開催しました。講師に南税務署幹部の方をお迎えし、法人会員を対象にお話を頂きました。
 当日は41名が出席し、国税庁からのお知らせとして、申告書等用紙に代えて、「申告のお知らせ」を送る説明や酒類の消費構成の推移の話がありました。
また、税務調査の実態と調査官の本音から事例をまじえた大変興味深いお話を頂きました。
 参加者からは、このような普段の説明会では聞けない内容の法人向けの研修会は今後も続けてほしいという意見等を頂きました。
 研修会終了後の意見交換会で今回は利き酒会が行われ、ヒントを頼りに日本酒の利き比べを楽しみました。その後答え合わせとなり、それぞれの回答の是非に大いに盛り上がり、和やかな中にも活発な会となり有意義な時間を過ごすことが出来ました。

○令和元年5月15日(水)

南納税協会3F大会議室において、第31回理事会を開催し、南税務署署長 壷見晴彦 様をはじめ税務署幹部の皆様をお招きし、理事及び監事の38名の出席の下、第9回総会へ提出する平成30年度事業報告及び決算等について審議の結果、承認が得られました。

○令和元年5月13日(月)

南納税協会において、当協会のセミナーで人気のアクト経営会計事務所所長の中嶋崇氏を講師にお迎えし、会計経理の基礎知識研修を開催しました。
 当日は24名が出席し、日常の経理業務、税務に関する基礎知識、決算書・試算表の見方などについての説明を受けました。
 「経理に配属になったばかりで分からないことが多い中、詳しい所まで知ることができて良かったです。」「復習になる所や新しく学ぶところも多く、大変分かりやすく今後の仕事に活用させて頂きます。」等の意見を頂きました。

○令和元年5月9日(木)

社会福祉指導センターにおいて、南納税協会、南調会、南優法会主催のもと、大阪国税局 調査第一部 調査審理課 総括主査 佐々木拓己氏を講師にお迎えし、「平成31年度税制改正等」の研修会を開催しました。
 当日は48名が出席し、研究開発税制の見直し、中小企業に関する各種規定の見直し、組織再編税制における適格要件の見直し等を分かりやすく解説頂きました。

○令和元年5月8日(水)

青年部会の総会をハートンホテル心斎橋別館で開催し、平成30年度事業報告・決算報告、平成31年度事業計画案・予算案、役員改選等について審議し、全て満場一致で承認を得ました。
 総会後には、副部会長の株式会社玉屋 専務取締役の植田茂和氏による「岸和田のお祭り文化」と題した講演会を行い、祭りの法被姿に変身した植田さんに会場から歓声が上がり、だんじり祭の映像と相まって臨場感たっぷりの講演会となりました。
 続く意見交換会では、参加者による自己紹介と近況報告も交えながら、和やかに交流を深めました。

○平成31年4月24日(水)

南納税協会会議室において、法人部会正副支部長会議を開催しました。
 昨年度、実施した加入勧奨における会長感謝状受贈者の推薦について協議し、法人会員増強の部において、法人部会から1名、協会会員から4名の方を受贈者候補として推選することに決まりました。
 また、会員加入勧奨の活動結果、行事予定及び今後の活動方針等も確認されました。 会議終了後、引続き、福祉制度推進協議会が行われました。

○平成31年4月23日(火)

南納税協会会議室において、日本人財研究所の丸本智佳子氏を講師にお迎えし、部下育成コミュニケーション講座を開催しました。
 部下との良好なコミュニケーションの取り方・信頼関係の築き方や、どのようにすれば部下から主体性を引き出せるか等について、参加者同士の意見交換も交えながら多角的に学びました。
 参加者からは、「自分自身の部下に対する接し方・指導方法を改めて見直す良い機会となりました。本研修で学んだ内容を実践できるよう努めていきたいと思います。」「上司・部下のコミュニケーションにとどまらず、仕事全体についての取組みが前向きに進められそうです。」等の感想があがりました。

○平成31年4月19日(金)

大阪府社会福祉指導センターにおいて、税理士の金井恵美子氏を講師にお迎えし、消費税軽減税率導入に向けた事前準備と実務セミナーを開催しました。
 当日は47名が出席し、全ての業種で知っておきたい価格転嫁、軽減税率制度、インボイス制度等幅広く解説を頂きました。金井先生の解説は、豊富な知識と説得力を基に、軽減税率導入前の疑問点を一つ一つ解きほぐしながら進められ、参加者一同が集中して聴き入ることができる内容でした。
 セミナー終了後には、参加者の関心の高さから質問で長蛇の列ができ、先生には時間を大幅に超過しても丁寧に対応して頂きました。
 参加者からは「内容が実務者向けで大変分かりやすく、3時間があっという間で楽しく受講することが出来ました。」「先生の説明は具体例も多く、とても分かりやすく、不明な点が理解出来ました」「色々セミナーを受講しましたが、今までで一番分かりやすく、大変役に立ちました。」等の意見を頂きました。

○平成31年4月11日(木)

大阪府社会福祉会館において、南税務署の担当官を講師として、決算期別説明会を開催しました。
 決算期別説明会の前後に、消費税軽減税率制度説明会を併せて2回開催し、令和元年10月1日から施行される軽減税率の対象品目、請求書等、帳簿への記載事項等の説明がありました。
 決算期別説明会(平成31年3月、4月、5月決算法人を対象)では、法人税申告書、消費税申告書の作成に当たっての留意事項や源泉所得税の改正事項、納付書の記載、また印紙税の取扱いについて説明がありました。

○平成31年4月5日(金)

新入社員の方を中心としたビジネスマナー研修を南納税協会会議室で行いました。講師には、毎年マナー研修の講師で好評を博している日本人財研究所の五十棲恵子氏をお迎えし、マナーの心得から表情・身だしなみの大切さ、言葉遣い、お辞儀や名刺交換、電話の取り方など、演習を交えながら幅広く学習しました。
 参加者からは、「社会人として必須のマナーについて、実践で学べたのが良かったです。」「今日学んだ事を今後の社会人生活で役立てていきたいです。」等の意見が出ました。
 また、当日は社会人向けの租税教室を併せて実施し、税金の基礎知識や源泉徴収制度についても学びました。