大阪福島納税貯蓄組合連合会とは
納税貯蓄組合法により設立された単位納税貯蓄組合が集まり連合会として組織化した団体です。

目的
納税貯蓄組合法に基づいた単位納税貯蓄組合の指導及び育成を図り、相互の連絡と強調を行う。なお、税務署及び地方公共団体との連携を保ち、単位納税貯蓄組合の健全な発展を図ることを目的とする。

設立
昭和30年9月5日

組合及び組合数
組合数及び組合員数(H31.3.31現在)
単位納税貯蓄組合数 42組合
組合員総数 1390人

主な役員

会 長 植本 景太郎 (大阪福島組合)
副会長 大西 勝重 (大阪福島組合)
副会長 本郷 和美 (大阪福島組合)
副会長 奥田 洋(此花アパート組合)
相談役 北村 和義(中江町本通組合)
相談役 久次米 宏祐 (福島繊維卸同盟会組合)


事業
1. 振替納税制度の普及
2. 税に関する研修会の開催
3. 中学生を対象とした「税についての作文」募集
4. 租税教室の開催
5. 税金の期限内完納の推進
6. 福祉事業の推進
7. その他当会の目的達成に必要な事項

最近の情報

平成28年5月23日、大阪福島納税協会本部において、平成28年度定時総会が行われました。
平成28年11月17日、此花会館において「税の作文表彰式」が行われました。
平成29年5月29日、大阪福島納税協会本部において、平成29年度定時総会が行われました。
平成29年11月17日、此花会館において「税の作文表彰式」が行われました。
平成30年5月28日、大阪福島納税協会本部において、平成30年度定時総会が行われました。
平成30年11月15日、ホテル阪神において「税の作文表彰式」が行われました。
令和元年5月27日、大阪福島納税協会本部において、令和元年度定時総会が行われました。
今後の予定
中学生の税の作文、振替納税の推進、消費税の完納を展開いたします。